『Forever LOVE!!』感想・6

●まさお+なっつ・さち花で銀橋渡りの「Stylish LOVE」。
さち花のおみ足ありがとう。

こういうところで若手路線娘役じゃなくてお姉さまがたが活躍するところがとっても月組。

本舞台では男役と娘役が4人ずつポップに元気よく踊ってます。
みんな可愛い。

●「Ardent LOVE」はカチャみやが銀橋で歌い、退団者は本舞台に。
退団者5人が白い衣装に旅行鞄を持ってこれから旅立つ――という、いかにもな演出ですがまんまとぐっとくる。
ベタ演出大好きです。

●「Memory LOVE」~「Final LOVE」もまさお+同期3人(コマ・ふぁーびー・まいまい)+ナガさんからはじまるベタな泣かせ演出から始まる。
ベタだけどぐっとくる。
いや、ベタだからこそぐっとくるのか。

・退団者5人の歌い継ぎは、まいまいのところで毎回涙腺崩壊しそうになってました。
(泣くと観れなくなるから我慢してました)
まいまいに特別の思い入れがあるってわけじゃなくて、ふっと上がる曲調に感情を掬われる。

5人の歌もいいんだけど、まずは斉藤恒芳氏の音楽が素敵すぎて。
いい曲をありがとう。

・白衣装で月組生総踊りです(専科さんも)。
感動させますよ!な演出が強すぎるとかえって興ざめすることもあるんですが、今回は素直に感動しました。
やっぱり曲がいいのが大きいなぁ。
もちろん、出演者の気持ちが一つになってるのも強く感じました。

ちょっとだけ、『ソロモンの指輪』の海の場面を思い出した。
あれも斉藤センセイの音楽だったなぁ。

●「Forever LOVE」は前場からちゃぴたちが残り、大階段から黒燕尾に着替えたまさおが登場。
美しいです。

恒例のデュエダンはなし。
銀橋にもまさおが一人で行き不思議な形のお辞儀をしてた。
まさおファンの方が「あのお辞儀(の形)には意味があるらしいですよ」云々言っておられたが――詳しいことは聞きそびれた。

●トリプルエトワールでコマ・まあいちゃん・はーちゃん。
まあいちゃんは退団だからエトワールが回ってきてよかった。
はーちゃんもおめでとうだ。

・ダブルトリオは蘭・風間・麗・紫乃・美園・桃歌。(敬称略)
泉里・小雪はダブルトリオの常連だなぁ。(さくらも)

・ムラの初日近くに観に行ったとき、ろくに見せ場をもらえなかったとある下級生が覇気がなさそうに見えた。
「あなたくらいの学年だったら役がないのなんて普通だから! めちゃくちゃ成績がいいならまだしも、そうでないならこれまで見せ場があったほうが例外だし!」と言いたくなったんだけど、後半に観に行ったときはまぁまぁ元気そうに見えてほっとした。

役づきその他の理由で元気がなかったのかどうかはわからないんだけどね。
男役っぽくかっこつけてただけという可能性もある。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。