お名前をどう呼ぶか問題

ブログでジェンヌさんをどう呼ぶかにたまに悩むことがあります。

基本的には愛称。
公式なもの(おとめに出ているような)だったり、スカステなどで他のジェンヌさんから呼ばれているものだったり、友人・知人間やファンの間で使われているものだったり。

これで困るのは、自分の使っていた愛称がメジャーじゃないとき。
そのうち自分も世の趨勢にしたがってメジャーなほうの呼び名を使うようになるんだけど、どこで切り替えようかなと密かに悩む。
自意識過剰だろうかと思いつつも、「あ、呼び名変えた」と突っ込まれるんじゃ……と思ってたりする(笑)。

えーと、ちなみに「おーとりまゆちゃん」「まゆぞう」呼びが「Pちゃん」に、「うしくん」呼びが「れいこ」呼びにどこかで切り替わってます(笑)。
他にもたぶんいろいろある。

愛称ではなく芸名の名字+さんづけで書くこともあります。(若手男役はくんづけ、娘役はちゃんづけも)

なんとなく距離感や照れがあってのこともあるし、敬意のあまりか元々愛称呼びしていたのが名字+さんづけになることもある。
(蘭寿さん呼びは後者。でもテンションがおかしくなると「まゆたん」呼びになる)

あと単にマイナーだったり若手だったりして、自分もまだ愛称で呼んでないし、おとめの愛称で呼んでも「誰それ」になりかねないからということもあります。

2ヶ月ほど前のこと。
私が直接観たわけではないんですが、『るろうに剣心』阪急交通社貸切のお手伝いとして縣くんが出たそうなのですよ。
そのときに自己紹介をすることになって、

「愛称は、『縣くん』です」

と言って客席の笑いを誘ったという話をネットで読みました。

――愛称は『縣くん』。

うん、私もそう呼んでるしそう書いてるけど。
私だけでなくツイッターなどのネット上でもわりとそんな感じだけど。
でもそれ愛称か?!

2015年度版「宝塚おとめ」によれば彼の愛称は「ちさと」。
まんま本名由来ですね。

「いきなり『ちさとが~』とか書いても誰それ状態で通じなさそうだしなぁ……」と思って名字呼びしてきましたが、これからむりやりにでも「ちさと」呼びするべきだろうかと考えてしまいました。
愛称らしい愛称を普及させる一助にもなろうかと。
(でもたぶん「縣くん」呼びのほうが検索は楽なんだけどね。「縣」なんて字、なかなか使わないから)

とりあえず、もうすぐ発売される2016年度版「宝塚おとめ」の表記がどうなってるか楽しみです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

特技は持久走

次の記事

時代行列見てきた