月組『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-感想・5

2021-02-13月組公演感想,月組

フィナーレの話。

●まずはちゃぴとみやるりが花道からセリ上がってきます。
みやるりが上手、ちゃぴが下手のセリだっけな?(間違ってたらすいません)

ちゃぴは水色のストライプのドレス。
かわいいです。
こういうのが似合ってプロローグの豪華なドレスがいまひとつだと思えるあたり(全然ダメってわけじゃないけど、なんだか柄違い)、やはりアントワネットじゃなくてロザリーなんだよなぁ。

えりたんアンドレ回にこれをみたときは「ちゃぴが浮気してる(笑)」と思ったのですが、考えてみりゃ通常のまさみり回のときはみやるりがベルナールさんなのであった。

本舞台にはバラの少女たち。
若手娘役(で、路線系じゃなさそうなあたり)がいっぱい出てきます。

●みりおを中心とした男役のキラキラした黒燕尾。

男役さんが1人・2人ずつ出てくるときにスポットライトがパッと当たるのがかっこいい。

●大階段に立つピンク衣装のまさおを囲むように白いドレスの娘役が座ってます。
このピンクがまたとってもまさおな感じ(意味不明)でした。

本舞台でみなさん踊ります。
今回ろくに見せ場のなかった退団者・ゆめちゃんがちょっぴりまさおに絡みますね。

●娘役たちがはけ、大階段から降りてきたちゃぴがまさおと踊ります。
もちろんちゃぴもピンク衣装。トップコンビのデュエットダンスになります。

背をかがめてまさおの回りを一周するちゃぴが子犬っぽいです。あてがき?(笑)

一瞬だけど銀橋でリフトする振りもあってドキドキします。無事に公演が終わりますように…!
このリフト、ちゃぴさんの腹筋に拍手したくなります。

なお、このとき大階段にはロケットメンバーが出てきていて彼女らも踊ってます。

えりたん回のときにはまさちゃぴは下手からハケたのに、まさみり回のときは上手からハケていったんですね。
「なんで?」と思ったんですが、理由はあとからわかりました。

0