月組『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-感想・2

2021-02-13月組公演感想,月組

●まさおオスカルとえりたんアンドレの並びはけっこうしっくりきました。
えりたんよりまさおのほうがでかく見えたのが意外っちゃ意外だったけど。(でも公称身長からしてまさおのほうがでかいんだっけな)

プロローグでは「どうしてこの2人が恋に落ちるんだ?」と思ったし、えりたんは男らしく、まさおは過剰なまでに女らしいので2人はまったく似ていません。
それでも「魂のふたご」「カストルとポルックス」がすとんとはまるのが、これまた不思議で仕方ありませんでした。
ほんと、なんで違和感がないんだ? 自分でもよくわからん……。

●プロローグで2人はほんの少し客席下りをします。

えりたんが下手階段を、まさおが上手階段を下りる。
そのあとまさおが1列目センターの前を通るんだけど、それを階段下で待ち受け、手を取って通すえりたんアンドレがイイんですよ。
あれはときめく。

●ちゃぴさんのロザリーは、思ってたより出番がマシでした。
もっとひどいかと覚悟してたもの(笑)。

ちゃぴのロザリーはけなげでかわいくて芯が強くてよかったです。
情感があるなぁ。
やっぱりこの子の演技は好きだわ。

夫(ベルナール)がいながらのオスカルへの思いは女学生的な「エス」を思わせ、「妬けるなぁ」ですませるベルナールさんマジ心広いっす! と思いました。
でもちゃんとベルナールへの思いも感じたからね。
食事を頼まれ「食料がないんです。でも心だけはこめて作ります」のところが特にね。

●フィナーレのはじめにみやるりとデュエットしてるのは「あ、浮気者」と思いました(笑)。
トップコンビとしてもベルナールさんの妻としても。

●パレードの階段センター下りの順番はこんな感じだったかと。

あーちゃん(エトワール)
 ↓
ゆり・とし
 ↓
たまきち・マギー
 ↓
みやるり
 ↓
ちゃぴ
 ↓
汝鳥さん(歌なしでさらっとセンターで下りてくる。センター下りにはカウントすべきものではないかも)
 ↓
みりお
 ↓
えりたん(歌なし)
 ↓
まさお

えりたんに歌がないのは特出なしのときを考えてのことかしらねぇ。

ちゃぴが「バラの女S」とでも言いたくなるようなキレイなドレスで下りてきたあとに、みりおがベルナールさんの地味な衣装で出てくるのがすごく変な感じでした。
アンドレ的な軍服で出るわけにはいかないだろうけれど、「バラの男S」的な美々しい衣装で下りてくるわけにはいかないのかなー。
どうせちゃぴだってロザリー衣装じゃないんだし。

0