学生のときから

前回ムラに行ったときに「ウィズたからづか」4月号をもらってきました(ホテルにあったの)。

ネット上では見られないんだけどマヤさんのインタビューがあって、それを今さらながら読みましたよ。
面白かった。

マヤさんは女子高で演劇部に入っていて、そのときから父親役や校長先生役などの男役をしてたとか、
自分にしかできない脇役をやりたいと思って宝塚を受験したとか。
学生のときからブレてないんだなぁ。

そして脇役に対する思いを語る。
芝居の幅を広げるためには怒ったり泣いたり笑ったり、嫌なことでも経験しておいたほうが演技の引き出しが増える。
幅のある芝居で舞台を支える脇役がもっと育ってほしいとのこと。

いい脇役さんは貴重。
一朝一夕に出来上がるものではないから余計に。
バイプレイヤーがきちんと活躍できる場がある宝塚でありますように。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。