出演人数問題

昨日、月組大劇場公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』についての案内が公式に出ました。

月組 宝塚大劇場公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』について
2020/07/27

月組宝塚大劇場公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』につきましては、政府および自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインに基づき、施設内の感染予防対策を徹底することに加え、公演内容ならびにチケットの販売方法や劇場内の各種サービス等につきましても、感染拡大予防のため、従来とは異なった運用を行います。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、より安心・安全な環境作りのため、何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。
なお、公演内容およびチケットの発売につきましては、今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえた社会情勢に応じて、変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。   

公演内容について
○2回公演実施日の入退場時の混雑緩和、ならびに公演入れ替え時の客席内の清掃のため、午後の公演の開演時間を30分繰り下げ、「15時30分開演」とさせていただきます。
>>公演日程の詳細についてはこちら
○舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、1公演あたりの出演者を減員いたします。
>>各公演の出演者や出演日程の詳細はこちら
○客席を使った演出については、当面の間、取りやめさせていただきます。
○オーケストラ演奏につきましては、オーケストラピット内での感染予防対策のため、録音演奏といたします。

 

月組公演は出演人数を減らして上演するとのこと。
花組大劇場公演『はいからさんが通る』は全員で出たけれど、月組公演はそうはいかないようです。
106期初舞台生もいるからかな。

日曜のスポーツ報知の記事に、東京公演は楽屋が狭いから人数を減らしたといったことが書かれていました。
だから星組の東京公演は人数が減らされているのですよね。
(てことは、『はいからさんが通る』は大劇場では全員で出演したけれど、東京は減るのかな……?)

月組 宝塚大劇場公演 出演人数について
2020/07/27

月組 宝塚大劇場公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』では、舞台上および舞台裏での密集状況を避けるため、1公演あたりの出演者を減員します。
各日程の出演者ならびに出演日程の詳細は、以下のとおりです。

tuki1

tuki2

102期以下全員が、ABのどちらかの日程に振られています。

ピガールの新公ヒロインはおはねちゃん。
そんな彼女ですら、半分の日程にしか出ない。

月組公演は楽しみだけど、なかなか大変だ……。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

報知のはいからさん