『雪華抄/金色の砂漠』上演決定

今年の終わりから来年はじめにかけての花組大劇場公演の演目が発表されました。

2016年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<2016年11月~2017年2月・花組『雪華抄』『金色の砂漠』>
2016/03/25

3月25日(金)、2016年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。   
花組
■主演・・・(花組)明日海 りお、花乃 まりあ

◆宝塚大劇場:2016年11月11日(金)~12月13日(火)
一般前売:2016年10月8日(土)
◆東京宝塚劇場:2017年1月~2月(予定)
一般前売:未定

宝塚舞踊詩
『雪華抄(せっかしょう)』
作・演出/原田 諒
<特別出演>・・・(専科)松本 悠里

花鳥風月——日本ならではの風雅な趣をテーマに、華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。華やかな初春の風情に始まり、夏のきらめく波濤、秋の月、そして雪の華が舞う白銀の世界から桜花爛漫の春の讃歌へと、絢爛豪華な場面が次々に展開されます。現代的なエッセンスを加え、宝塚風にアレンジした日本古来の伝説なども織り交ぜながら、四季の美しさと艶やかさを華やかに謳い上げた日本物レビューの意欲作です。

トラジェディ・アラベスク
『金色(こんじき)の砂漠』
作・演出/上田 久美子

昔々、いつかの時代のどこかの国。砂漠の真ん中にあるその王国の王女は、“ギィ”という名の奴隷を持っていた——。

自分がどこから来たのかも知らず、王女タルハーミネの奴隷として育てられた少年、ギィ。常に王女に付き従って世話をする彼は、長じるにつれ、美しく傲慢な王女に心惹かれるようになる。ギィを憎からず思うタルハーミネではあったが、王女の立場と何より彼女自身の矜りが、奴隷を愛することを許さない。タルハーミネはわざと高圧的な態度でギィを虐げる。奴隷でありながら矜り高いギィは、そんな王女を恋の前に屈服させたいと激しい思いを募らせる。
王女を強引に自分のものにしたギィは拷問の憂き目に遭うが、その死の淵で、自らのある忌まわしい過去を知る。灼熱の憎しみと嵐のような報復の果てに、因縁の男と女が見たものとは——。
架空の古代世界を舞台に描き出される、愛と憎しみの壮絶なアラベスク。

最初に原田くんの名前を見たときビクっとしてしまいました。
(どんだけ……)

芝居じゃありません、日本物のショーです。
原田センセイも芝居とショーを両立させる演出家になるのかな。

日本物のショーの後はウエクミの芝居。
SFじゃなくてアラビア物。
作品解説を読んだだけだとあんまりウエクミのイメージじゃない。が、どうなるか。

すごくどうでもいい話ですが、「ギィ」という名前にBLを(タクミくんシリーズか……)、「タルハーミネ」という名前に『アルスラーン戦記』を思い出し(あれは「タハミーネ」ですが)、2つがごっちゃになって脳内がわけわからんことになっております。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『雪華抄/金色の砂漠』上演決定” に対して2件のコメントがあります。

  1. さくら より:

    思わず反応
    いえ、丁度タクミ君シリーズ完全版の話とアルスラーン終るのか疑惑について友人と語ったばかりでして。
    しかし花組さん、ショー(通常の)少ないですね…

  2. ゆきたろ より:

    >さくら さま
    すごいタイミング(笑)。
    『アルスラーン戦記』は私が子供だった20年ほど前ですら「これいつ終わるんだ」だったのに、まだ終わってないことにびっくりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。