『パッション・ダムール -愛の夢-』感想・3

・「Bad Power」とっても喜多先生なダンスが始まります。

カチャはあまりジゴロ感がなく、スマートで品があります。
こういうレトロな場面すらスタイリッシュにスマートに、品よく踊れるのがカチャなんですね。
この場面は花組版で覚えてるので、どうしても蘭寿さん基準で考えてしまうのよね。危険。
(ていうかあんな特濃な人と比べたら、ほとんどのジェンヌさんは薄味だって……)

青い毒リンゴを投げる妖術師みたいだった縣くん(ぜったい杖で殴ったほうがHP削れるやつ)、お着換えしてきました。
後ろの階段からバーンと「スターでございっっ」とばかりに登場するのが気持ちいい。
いやもう、マジで公演2番手なんだなぁ。小公演とはいえ胸熱。

こういう場面の縣くんがまた水を得た魚状態で、かっこよくてウハウハである。

後から出てきた縣くん、ものすごく縣くんなダンスだったので
「縣色出てるよー、出まくってるよ縣色ォォォ!!」
と脳内でコールせずにいられなかった。

下手端の男役さんも良かった。
紀城くんかなぁ。

・「Gigolo」は蘭寿さんの全ツのときも思ったけど、あの英語での電話こっぱずかしいね!
なんであんなにこっぱずかしいんだろう……。昭和感があるわ。かゆいぜ。

この場面のヒロインはみちる。痩せた? なんかきれいになったような。
黒系オーロラスパンのタイトなドレスを着こなす貫禄が素晴らしい。
ぐっと迫る女の色香や迫力もあります。

きららうみちゃんは紫のドレスで「にくい人!」と歌い上げる。
こういう強い役どころが似合う子なのかな。
(そのへんも、若いころの仙名ちゃんとかぶる)
存在感も歌もとても良くて、全ツ代わりの咲ちゃんの梅芸公演でも歌ってほしかったわ。

女役さんたちに囲まれてるカチャはもちろんノーブル。
このノーブルさは、男役としては線の細すぎる体格(だから女性的にならざるを得ないし、野性味も出にくい)や小顔すぎることからくる頭身にもよるんだろうけれど、「岡田先生のレビューが好きだ」という気持ちのありようも反映されているはず。
「清く正しく」が根っこにあるがゆえの清さなんだろう。

・叶くんの「Smile」
良いものに包まれるようないい歌でした。
爽やかだけど隠れきれないねっとり感。

・カチャ白燕尾「ALL BY MYSELF」で1幕ラスト。
はいちゃん、あがちん、いちかくん、しゃんたんの4人と一緒に。

1

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。