『パッション・ダムール -愛の夢-』感想・2

パッションダムールポスター

・カチャのソロ「DRIFTER IN THE CITY」のあと、しゃんたんと愛陽さんのデュエット。
しゃんたんは新公などでもちょこちょこ歌ってるし、この前の真彩ちゃんのMSもあったしで、それなりに歌の人なのかな。
愛陽さんはくるくる変わる表情がキュートでした。

・ガウチョの場面、アディオス・パンパミーア。
カチャはみちる、はいちゃんはリサ、縣くんはきららうみちゃんと組みます。

リフトがあったんですが、初日に縣くんは失敗してしまって……。
降ろすときに2人でしりもちをつくような感じ? 珍しいものを見た。
でも「あちゃー」ってやってる2人のやり取りが仲の良いカップルがいちゃいちゃしてるみたいで、それはそれでよかったです。

・ありすひめかちゃんとりなくるの娘役デュエット。
ありすちゃんはピンク、りなくるは黄色のドレスだったかな。
シャーベットっぽい雰囲気の素敵なドレス。オギーの『パッサージュ』の幕開きドレスを思い出したけど、あれと同じかどうかはわからない。

歌をもらえた愛陽さん、りなくる共にそこまで歌はうまくない感じだったけれど、これから伸びていくことを期待。

・「妖精の森」と題された場面、ヒロイン・妖精Aはりさちゃん。
ザ・お姫様、ザ・フェアリー。
こういういかにも宝塚のふわふわひらひらな、可愛い役はりさちゃんにぴったり。

回りの娘役さんたちも可憐で可愛いし、カチャさんの鼻の下もさぞ伸びていることであろう……。
あ、舞台上のカチャはこれまたザ・ノーブルなんだけどね!

・「You are the night and the music」は天月くん、叶くん、汐聖くんの男役3人で。
この曲好きです。
たぎるわ。

・「愛の誘惑」
スカステで言ってた(らしい)縣くんの妖しい場面です。
私、花組全ツでみつるが歌ってたの見たわ。
歌の比較対象がみつるで良かった……と正直思いました。
(初演の涼風さんで覚えてると辛いんじゃなかろうか)

妖しい縣くんって想像つかない!と言われますが、まぁわかります。
でも意外と大丈夫です。
強そうなことに間違いありませんが。

動きの丁寧さと美しさ、男っぽい美貌からくる妖しさも素敵でした。

1

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。