『クライマックス』感想・4

●そういや、ミキティショーだというのに、ホモってる場面とか女装とかなかったな。

あえていえば、男役が6人くらいゆうひさんと軽く絡むところがあったけど、個人差こそあれ「軽く」だったからな。
あくまでゆうひさんとの別れを惜しむレベル。
最近のミキティにしては変態度が低くて珍しい(『カノン』はやりすぎだったと思ってる)。

ゆひすみの場面で「ホモの館」で蓄音機から流れてる音楽(聞かせてよ愛の言葉を/Parlez-Moi D’Amour)が使われてたけど、別にそういう方面の曲でも場面でもないからね。

●プロローグの衣装が黄色かったので「月組時代をイメージしてるのか?」と思った。
でも続くシーンはピンク(花組カラー)ではなかったから関係ないのかも。

そういや前作(『ナイスガイ!!』)ではやたらに紫色の衣装が使われていたが、今回もかなり観たなー。
初舞台生ロケットは白鳥モチーフだというのにけっこう紫だったし。きれいだったけど「白鳥?!」みたいな。

●研2朝日奈さんの顔が誰かに似てると常々思っていたのだが、せーこちゃんであると判明。ああすっきりした。
(きっと身長も似たようなもんであろう)

●上手と下手の花道からセリあがって登場するところからスタートするカルメン風の場面。
コロスの「クライ!」の声とともにあらゆる死にパターンをみせてくれるのは、シュールだな……ってことでいいでしょうか。

男2人、女1人だとこんな風に関係がもつれるパターンがあるよ! みんないろいろ考えてみよう! と初心者向けマンガ講座を見せられてる気分でした。
わけわかんないけど嫌いではないです。意図を説明してほしくはあるけど。

ナイフを持ってくるのがてんれーさん、というセレクトに微妙に笑いました。

てんれーさんは素晴らしく乙女な内面と地声をお持ちの方のような気はするが、いかんせん目力やらなんやらのせいで“いるだけでうさんくさい人”枠なんだもん、舞台上では。
ええ、「ストロベリークォーツ」とか作っちゃう人にはみえないです。

このシーンのてんれーさんは、ルキーニにナイフを渡すトート閣下っぽかった。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

早すぎる別れ