『ランスロット』感想・1

星組バウ『ランスロット』を観てきました。

星の若手は全然詳しくないので円卓の騎士は半分以上顔と名前が一致しないし、娘役も美穂姐以外はっきりとは知らんし、登場人物やけに多いし、プログラムは無事入手できたけど(冊数限定で出てました…)下級生はレビュー衣装で載ってるから結局どれが誰だかわからんし…etc.

そんなひどい状況で観てましたが、楽しかったです。
ストーリーがいいとか主人公がかっこいいとかは別に思わないんですが(思わないのか)、生田センセイの作品は私には相性がいいんだろうなぁ。

エンターテイメントだったなぁ。
生田作品のセット好きよ。
美穂姐とかぁたんの対決は最高だったわ。
みっきーは白くてキラキラしてたわ。
真風は技術的に上手いかどうかはさておき、「俺が真ん中」なパワーを垂れ流してたわ。

つっこみどころはきっちりあるんです。
ランスロットとアーサー王の対決(?)への流れは「王様の判断、心が広いようでいて実際はすごく迷惑だな」と思ったし、ランスロットはなに考えてんだかよくわかんないキャラだし、聖杯を探す流れはちょっと待て状態だし…。

が、むかつかない物語っていいなー。
気持ちよくみれる作品っていいなー。

音楽が好き。
セットが好き。
出演者がきれい。
なにより演出家の謎な考え方に客席がおいていかれずにすむ。

あ、最後にランスロットがアーサー王の腕の中で死ぬところで「この話のヒロインはランスロットだったのか!」と目を見開きました。
『BUND/NEON 上海』のヒロインが劉衛強=だいもんであったように。

これは主役がアーサー王=みっきーで、ヒロインがランスロット=真風の物語だったんですよね。
舞台上の役割は別として。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『ランスロット』感想・1” に対して2件のコメントがあります。

  1. とおやま より:

    バウ観劇後、星組関係者の方に「いいですねえ、星は。作品にも演出家にも恵まれて…」とお話ししたら「お陰さまで」とにっこり。雪関係の人々は途方に暮れてますよ。
    それはさておき「ランスロット」は姿の良い星組男子の良さが生かされてましたね。で、大切なところは達者な生徒がしっかり固めていて。なんというか宝塚的に理想的なあり方。
    ネタや展開が作家の趣味満載でもいいんですよ。生徒の良さが生かされてて、客が喜ぶのであれば。
    自己満足実現のために、客と生徒に苦痛を強いるなよ、児玉明子。

  2. ゆきたろ より:

    >とおやま さま
    星組さんはほんとに当たりに恵まれてますね。
    ここ数作、「これはちょっと…」というものを観てない気がします(全公演観てるわけじゃないですが)。
    雪は演出家のやりたいことだけが前面に出てるのが…。
    それでも面白ければ文句はないんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。