『邪馬台国の風』上演決定

来年夏の花組大劇場公演の演目が出ました。

2017年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<6月~8月・花組『邪馬台国の風』『Santé!!』>
2016/10/06

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。
  
花組公演
■主演・・・明日海 りお、仙名 彩世

◆宝塚大劇場:2017年6月2日(金)~7月10日(月)
一般前売:2017年4月29日(土)
◆東京宝塚劇場:2017年7月28日(金)~8月27日(日)
一般前売:2017年6月25日(日)

古代ロマン
『邪馬台国の風』
作・演出/中村 暁

数多くの小国が乱立し、絶えず争いが繰り広げられていた古代日本。中でも倭国連合の中心となる邪馬台国は肥沃な領土を背景に勢力を拡大していたが、対立する狗奴国はその豊かな土地を手に入れようと、幾度となく戦を仕掛けてきていた。
幼い頃に両親を狗奴国の兵に殺されたタケヒコは、生き抜く為に闘う術を身に着けていく。ある時、狗奴の兵に襲われていたマナという娘を助けたタケヒコは、神の声を聞くというマナから“私達は遠い昔に出逢い、もう一度めぐり逢うと誓った”と告げられる。そして人々の平和な暮らしを守る為、巫女になるというマナの言葉を受け、タケヒコも邪馬台国の兵となりこの国に平和をもたらそうと決意するのだった。やがて大巫女の位を受けたマナは、ヒミコという名を与えられ邪馬台国の女王となる。手の届かぬ存在となったマナに思いを馳せるタケヒコ。しかしある事件をきっかけに、二人は再び相見えることとなる……。
明日海りお、仙名彩世の新トップコンビを中心にお届けする、壮大な歴史ファンタジー。

レビュー・ファンタスティーク
『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~
作・演出/藤井 大介

『Santé』とは、フランス語で「乾杯!!」の意。世界各国で愛されるワイン。まるでワインを楽しむように、個性豊かで美しく華やかな宝塚の舞台に酔いしれて欲しい…。優雅で、気品溢れるワインのイメージは、まるで宝塚歌劇そのもの。様々な夢や愛、ロマンが詰まった街パリを舞台に“ワインを飲んで見る数々の夢”をテーマにお届けする作品です。明日海りおの新たな魅力に迫る、芳醇な香りと大人の雰囲気を放つレビュー。

芝居が中村A。
一から作る芝居はひさびさ――と思ったけどバウの『アルカサル~王城~』があったわ。

作品解説を読んだんですが、えっと、ヤバい匂いしかしない。
けっこう不安。

でも、『麗しのサブリナ』『大海賊 -復讐のカリブ海-』『アルカサル~王城~』のどれも嫌いじゃなかった。
傑作とか佳作とか名作などとは言えないにしても。
というわけで、観劇後には「覚悟してたほどじゃなかった」って言ってると思う。
(駄作前提か)

ショーは大介センセイ。
全ツの『EXCITER!!2017』に引き続き、ということになります。

全ツで発見した花組生の魅力をふんだんに盛り込んでくれますように。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。