全ツ版『カノン』感想・4

●ロケットメンバーにびっくが入っていてびっくりした(シャレではない)。

全ツだと人数が少ないからけっこう不思議な人が入っていて面白い。
最後に彼がウィンクを飛ばしたのを私は見逃さなかった。

ロケットメンバーの中では研4にしてすでにダルマが似合わないマイティーもさすがだと思う。

●ロケットの場面のシンガーはがりん。
本公演は娘役のさあやだったのが男役のがりんに代わったことにより、「激しい恋に身を焼くの」が「焼くよ」になっていた。
微調整。

●今回はだいもんが歌いまくっていて、それが舞台のクオリティを上げてくれました。
フィナーレの最初のスパニッシュのところは特に好き。
『ル・ポァゾン』のときは今一つだったけど、今回はちゃんとだいもんに合う歌だったから。耳福。

●中詰めの客席降りをするところで、だいもんが蘭寿さん・えりたんに並んでスパン衣装を着てることにもう胸熱としか言いようのない気持ちになる。

小公演で抜けているメンバーはいるし、まあくんは次の場面のためにメンバーから外れているとはいえ、だいもんがトップ・2番手と並ぶ位置にいるっていうのがねぇ……!
うひゃぁぁぁ! となりましたわ。

●誰とは言わんが、花娘ってけっこう体格がよろしい人が多いのね…と今回思いました。
なんか、少々ヤバい人がいたぞ、何人か。

●組替えしてきたキキちゃんはまだ花組生としてはなじんでない感じ。
いきなり放り込まれて、まわりはみんなムラ・東京でやってきた『カノン』でバリバリ場を任されて……って、組になじむどころの話じゃないわな。

とはいえ、しょっぱなからなかなかいい扱いである。
フィナーレで1人でセンター下りしてくるし、同期の路線・がりんちゃんより上の扱いだし。成績が上だからかな?

今後どうなっていくか楽しみ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。