『歌劇』2011年12月号・1

●表紙と巻頭ポートはゆうひさん。
なんだかアメリカン。
芝居で「クラシコ~」をやってる反動でしょうか。
ふわふわした髪の毛がかわいい。

●「私の着てみたい衣装」はえりたん。
『ファントム』できらりちゃんがやってた妖精女Aの衣装です。
眉毛ふとっ、首ながっ。

●組子イメージ調査は蘭寿さん。
やべぇ、面白いわコレ(笑)。
まったり口調でびしばしツッコミをいれている。

・「イメージ的にはこうなんだろうな」という感じで答えてるあたり、どういうコーナーかよくわかってるお人だな。
犬か猫かのイメージで「猫に入れた人がいる事にびっくりする(笑)。」とか。

女役をやるなら? でうたかたマリー(追っかけっこシーン)をやる自分を想像して

「恐いわ~、コントの域や、それ。3票って、絶対受け狙いですよね。」

反論はできない。ほんとよくわかっていらっしゃる。
私だってまゆたんの女装はタカスペのコントくらいでしか望んでないです。

・きび団子を忘れた桃太郎とキジ物語の妄想コメントに対する蘭寿さんのツッコミも素晴らしいな。
「笑顔にやられてキジはメロメロに・・・って、来るか!そんなんでくるか!(笑)」
蘭寿さんの声が聞こえてくるようなコメントだ。

・みつるさんの証言情報におけるオフの胸キュンポイントとつぶやくセリフがどちらも眠くなってきたときのもの。
超萌えるわ。
蘭寿さん単体萌えでもみつまゆでもまゆみつでもいいのよ私は。

ああしかし「ねむくなってきたー」はぜひ聞いてみたい。
聞いた日には「今すぐ寝ろ! ここで寝ろ! なんなら膝を貸してやる!」と鼻息荒くなること必至。

・蘭蘭コンビは相変わらず恥ずかしくていいなぁ。
あだ名をつけるとしたら? で蘭乃ちゃんが「まゆたん♡(絶対一生呼べませんが)」と答え、それに対する蘭寿さんのコメント、
「らんちゃんがそう呼んでくれた日には私達は近づいたなと思います(笑)」って、ハードル上げられた…?!

「まゆたんって呼んでくれたら近づけるよー。さぁ言ってごらん?」ってことですね。
なんかすごくいやらしいプレイを垣間見てる気分にさせられます(プレイ言うな)。
この羞恥プレイは表向き蘭乃ちゃんに対してのものですが、実際はファンに対してもやってるんだよー。
ああああまゆたん……!!! (((( ;゚д゚)))

・胸キュンポイントに「腰のキレ」と書く蘭乃ちゃんはどこの蘭寿ファンですか。
そしてそれに対して「ゆうひさん、物真似してくれるよ(笑)」って、蘭寿さんはやはりゆがみなくドSだな…。雰囲気がマダムで物腰や口調がやわらかいだけで本質は相当Sだと思う。
ていうか他組のトップに話をもっていくな(笑)。しかも相手は上級生だし。

蘭麗でふたりで「ゆうひさん、蘭寿さんの腰振りの物真似してください」って言いにいくのかなぁ。
ゆうひさんの反応をみたいわ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。