いろいろとカオス

TwellVでやっていた『TAKARAZUKA舞夢!』を見ましたよ。
一度はとおして見てみたかったんだ。―――途中からしかみれなかったけど。

・ナルキッソスの場面。
前にも書いた気がするけどここはゆみとむで見たい。だって水とむだと似てないんだもん!
アゴが立派なことだけは共通点だけど「立派」の方向性が違うし。

・ふーちゃんの扱いがなかなか悲惨です。
「女の子だけで遊びましょー!」ってそれが銀橋歌ですか。

・オサ・水・きりで理想の女を語る場面。
「子猫ちゃん」だの「ミツバチちゃん」だの言いだすのがこっぱずかしい。
ていうか水さんの理想の女がとしこさんってかなりすごい人選だ。えらく渋いな。

・アイガッチャはかっこいいわ。
男祭りがたまらん。ブッキーズの歌もいい。

こういうキラキラギラギラした場面はいいねぇ。テンションが上がって上がりっぱなし。
目が足りない。
ドリームガールズっぽい女役さんたちもいいし。
最後にざっと男役たちが銀橋に並ぶのもいい。

ただし最後にタイを抜いたオサにこないだのキタちぎを思いだして動揺したのは私だけでいい。

・しかしそれに続くのが蘭寿さんヘラクレスのエアロビロケットって。カオスすぎる。
場面にメリハリがあるとかいうレベルじゃない。

ロケットメンバーに一花さまとゆまちゃんをみつけてウハウハする。
しかし猫耳。ピンクの衣装。
どういう狙いだ…。

・りんごの中から出てくる彩音ちゃんがかわいい。

・3女神の争いを嘆くオサが面白すぎる。
「はあ~あ」って感じで妙なねっとり加減がある。
やたらいい声でやたら上手い歌を響かせるんだが、歌が上手ければ上手いほどコントにみえてくるのはなぜ。
「女めんどくさい」とか言いながら最初からたいして求めてなさそうなのがオサクォリティー。

それにしてもオサのカツラのセンスはとんでもなかったなー。
なぜこんなにもビジュアルが不思議なことに。

・群舞で蘭寿さんがアハン顔をしていて笑いそうになる。
動きもキレまくり。

・パレードの歌詞がすごいっすね。これを覚えた花組生に乾杯。
でもきっと途中でごちゃごちゃになってごまかした人はいるはずだと思う。

・水さんのフィナーレ衣装がかっこいい。アオセトナ様を思いだすダークさで超にあう。

・ふーちゃんの羽ちっさっっ。
特出2番手の水さん・きりやんより小さいとかないだろう。色は多少よくしてあったしキジも入ってたけどさ。

・ふーちゃんとオサのパレードの衣装、というかかぶり物はなにごとかと。『ジャワの踊り子』を思いだした。
ていうか、上手く合体(もしくは変身)したらロボットになりそうだ。
衣装デザイン誰だ。

・藤井センセイのわりにけっこうやらかしてる公演だわ。
ネタ的には面白かったけど、いろいろとカオス。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

いろいろとカオス” に対して2件のコメントがあります。

  1. kei より:

    確かにいろいろカオスですが、なんか好きです舞夢。
    曲がどれも耳に残るんですよね。
    主題歌は何回か聞いてるうちに案外歌えるようになりますよ。
    あとプロローグもかなりアレな感じなので、いつかご覧になってみてください。

  2. ゆきたろ より:

    >kei さま
    ええ、実は私も好きです、舞夢。
    DVDを買おうか迷いつつ早数年。(はよ買いなさい)
    アレなプロローグ気になります。
    ていうかきりやんのパンドラさんを見逃したのが悔しいです…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。