みりおパソブ表紙

阪急ブックスにみりおのパーソナルブックの表紙が出ました。

通常版のほうが好みだなー。
超きれー。
でもよからぬことを考えてそうです。だがそれがいい。

「いかにして○○さんを陥れるか」とか、そういうの。
みりおの中の人が本当にそういうことを考えていると思ってるわけじゃないんだけど、なんか似合う。
一見白くて純真そうだから、余計にそういうのを想像して滾るのよ。

とうとつにみりおで厩戸王子を見たくなってしまった。もちろん毛人はまさおね。愛憎ドロドロ。

さて内容について。

パーソナルブック第6弾、第3シリーズのラストを飾るのは
月組の明日海りお
スタジオでは、明日海が以前演じたことのある役をもとにイメージを膨らませた、耽美で退廃的なショットや、彼女が好きな作品から発想を得た甘く清らかなショット等を撮影。
また、ホテルの一室や海遊館でのアンニュイな表情を捉えた写真や、学生風の男女の夕暮れの下校風景とその数年後の再会を描いたロケ撮影など、明日海りおの多種多様なイメージを様々な角度からピックアップ。
陽気でお洒落な海外ミュージカルの主人公と、熱い想いを滾らせる盗賊役に挑戦した扮装ポート、感受性の豊かさを窺わせる演出家・小柳奈穂子との対談、初舞台から現在までを網羅した舞台写真など、“今の明日海りお”の魅力のすべてをお届けするガイドブックです。

「耽美で退廃的なショット」よりむしろ「学生風の男女の夕暮れの下校風景」のほうが気になる件。
コスプレっつうかイメージナントカっつうか。
ええと学生風はブレザー着用の高校生風を希望します。
(とかいって、DVD付バージョンの表紙がそれだったりして)

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

エンターテイナー

次の記事

「好きな言葉」