『アウグストゥス-尊厳ある者-/Cool Beast!!』上演決定

今年秋から冬にかけての花組大劇場公演の演目が出ました。

2020年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<2020年10月~12月・花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』>
2020/02/14

2020年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   

花組公演
■主演・・・柚香 光、華 優希

◆宝塚大劇場:2020年10月2日(金)~11月9日(月)
一般前売:2020年8月29日(土)
◆東京宝塚劇場:2020年11月27日(金)~12月27日(日)
一般前売:2020年10月18日(日)

ドラマ・ヒストリ
『アウグストゥス-尊厳ある者-』
作・演出/田渕 大輔

ローマ史上初の皇帝となり、「尊厳者」を意味する“アウグストゥス”の称号を贈られたオクタヴィアヌス帝。彼はいかにして、志半ばで死したカエサルの後継者となったのか?
カエサルの腹心・アントニウスや、ブルートゥスらとの対立の果てに、「パクス・ロマーナ(ローマの平和)」の境地に至った若き英雄の姿を、フィクションと史実とを織り交ぜて描く。
紀元前46年。政敵ポンペイウスを討ち、ローマに帰還したカエサルの凱旋式当夜。ユリウス家の邸では、カエサルと敵対していた貴族たちとの和解の宴が催される。そこに現れた招かれざる客…それは、今は亡きポンペイウスの娘・ポンペイア。彼女は無謀にもカエサルに斬りかかり、父の仇を討とうとするが、ユリウス家の末裔であるカエサルの大甥・オクタヴィウスがそれを阻止する。オクタヴィウスは、ポンペイアを赦す事こそ真の和解の印だとカエサルに訴え、彼女を助けようとするのだが…

芝居は古代ローマ物。
『ダンス・オリンピア』に引き続き、といった感じですね。
かれーちゃん、似合うだろうなぁ。

作・演出は田渕センセイ。
『ハリウッド・ゴシップ』に続く良作を期待する。

パッショネイト・ファンタジー
『Cool Beast!!』
作・演出/藤井 大介

野性的な色気を持った柚香光は、まさにCool Beast!!
柚香光が「Beast=野獣」に、華優希が「艶花」に扮し、美しく心優しいBeastが見た夢を、ストーリー仕立てで綴る魅惑の世界。
個性豊かな花組生達がお届けする、パッショネイトで刺激的なラテン・ショーをお楽しみください。

ショーは大介センセイ。
爆踊りするかれーちゃんを観たい!!(あとマイティー)

こちらは最初から期待せずにいられない。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。