『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』感想・2

『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-』で好きなところ。

●音楽がきれい。
同じメロディーを主要3役がそれぞれの立場で歌っているのが面白い。

●舞台セット。

白い大きな羽のセットが美しい。
優雅な

それが盆で回ると裏面の木組のラフな質感になり、それが裏街の暗い風情となる。

この世の裏表を見る気分だ。

●マッダレーナの着付けのシーンが興味深い。
胴部分とスカートってつながってなかったのかー。
ドレスってこうなってたのね! と、服飾に詳しくないので新鮮に見ました。

●コワニー伯爵邸での夜会のシーン、娘役さんのカツラがすごい。

中でも、盛った髪に鳥かごとオレンジの鳥をあしらったものは見入ったわ。

●恋人たちの愛のダンスはそれぞれの役を反映したもの。

ベルシ(一花)とファビアン(まゆぞう)は遊んでいるよう。かわいい。

パンジュ侯爵(だいもん)とアリーヌ(きらり)は、芸術で結ばれた至高の愛を思わせる。
魂の結びつきが輝くよう。

シェニエとマッダレーナの愛は、革命の嵐がなかったら育まれることはなかったのだろう。
運命の不思議を思う。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。