長春・近松

来年春の花組公演ラインナップが出ました。

花組
■主演・・・(花組)蘭寿とむ、蘭乃はな

◆全国ツアー:2012年4月28日(土)~5月27日(日)

ミュージカル・ロマン
『長い春の果てに』
Based upon the Film “DIS-MOI OUI” by Alexandre Arcady
原作/アレクサンドル・アルカディ 脚本・演出/石田昌也

脳外科医とピアニスト志望の少女の恋を描いたハート・ウォーミングなミュージカル。1995年にフランス映画の鬼才アレクサンドル・アルカディが描いた秀作「世界で一番好きな人」をモチーフにした舞台で、2002年に紫吹淳と映美くららを中心とした月組で上演し、好評を得た作品です。

レビュー・ファンタシーク
『カノン』
-Our Melody-
作・演出/三木章雄

“カノン”とは、音楽用語でメロディが追いかけ合いながらクライマックスへ向かう手法。レビュー『カノン』は世界の名曲を素材に、それにまつわる悲しみ、希望、愛などの“思い”を各景の主題とし、全体が一つの音楽詩として、生きる喜びを歌い上げます。ダンサー蘭寿の魅力が最大限に発揮されると共に、花組の持つ明るいエネルギーが舞台一杯に溢れます。

演目を知ったとき、 ロリコンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!  と素で思いました。
この感想だいじょうぶですか合ってますか。
全部をみたことはたぶんないんですけれども。

蘭蘭には合ってるかもしれん。ヤバい匂いもするが。
ああでも別に本来ヤバい話ではないんだよね?
そうかこれで全国回るのか、そうかー…。
ていうかまた地元スルーだよ。もはや期待してないよ。

ゆうひさんと幸ちゃんがやってた役は今回も女装枠なのかしら。

それより問題はゆら姐がやってたお母さん役のような気がする。
さすがに組長はやらないだろうから、さあやあたり…? (すごく…やりそうです。次点でくまくま様)

花組
■主演・・・(花組)愛音羽麗

◆宝塚バウホール:2012年5月3日(木)~5月14日(月)
座席料金:全席5,000円(税込)
◆東京特別(日本青年館):2012年5月23日(水)~5月28日(月)
座席料金:S席6,500円、A席5,000円(税込)

上方絵草紙
『近松・恋の道行』
脚本・演出/植田景子

人の持つ業(ごう)の深さ、色恋のためにすべてを犠牲にし、命までをも落とす人間の性(さが)をテーマに据え、近松門左衛門の「曽根崎心中」「生玉心中」などを中心に構成した、正統派日本物作品。江戸時代の大阪を舞台に、遊女との恋に身を持ち崩していく男の哀れを、二人を取り巻く様々な人たちの義理人情、人の醜さをも交えながら、愛ゆえに死への道行に殉じる男女の姿を劇的に描き出します。

ひさびさのみわっちバウ。

みわっち+景子センセ+バウ+日本物+文学 って名作の予感しかしない。
もしや餞別…? とかいろんな考えもよぎりますが、純粋に作品として観たいわー。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

アリス記事2つ

次の記事

華やかにメモリアル