きりやんの「アヴェ・マリア」

はい。
きりやんの「アヴェ・マリア」(『DORMI BACH』に収録されてるバッハ=グノー版)をダウンロードして聞いてみました。

一言でいえば「面白い」かな。

面白いって、変だという意味じゃないんだけど。
なんでそう思ったのかをつらつら考えてみました。

まず声。

男役なんだけど男役として歌ってるわけじゃない。
けど一般の女性として歌ってるわけでもない感じ。

声は低いんだよね。けっこう低いキーで歌ってると思う。
けれどいつもの男役の歌い方をしてるわけじゃないから、それが面白いと思った原因なのかも。

それと、このCDのコンセプトが「眠りを誘う」的なものだったと思う。
で、きりやんが一生懸命眠りを誘うような歌い方をしてるのね。

あの滑舌最強のきりやんがゆったりめな発声を。

ぼわーん、とした歌い方をしてます。
いつものスパーンとした声の出し方は封印です。

だから「面白い歌だなぁ」というのではなく、「きりやんが珍しいことしてんなぁ」ってところでしょうか。

言うまでもなくきりやんは歌がすごく得意だけど、こういう歌は得意分野じゃない気がする。
本領発揮するにはキツい部門。
畑違いの仕事を与えられた感じ……という言い方で合ってるのだろうか。

とはいえ。
それでもやっぱりすごく上手いし、いい声してる。
「きりやんの歌って~」という先入観(思いこみ?)がなければ素直に絶賛できると思う。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。