キトリ=マリアンヌの儀

今WOWOWでやってた宙組DC公演『A/L』を見てます。

開演の主演男役によるごあいさつ。

「ラ・コメディ・ミュジカ~ル A/L」(フランス語風に)

すまん、噴いた。
みーみちの客席漫才は普通に見れたのに思わぬところに刺客がいた。
反則だろ、これ。
なぜいきなりおフランス語。

やるなぁタニオカさん。
ていうかサイトー君のしわざか。

この公演のフランス語監修?は星組生キトリ=マリアンヌ(私とS嬢のあいだでのみ通用している稀鳥まりや嬢の呼び方)だとのことなのですが、タニオカさんの発音も彼女がレッスンしたのでしょうか。

「ラ・コメディ・ミュジカ~ル…今の発音どうだった?」
「イケてました」

ってなやり取りがなされたのでしょうか。

妄想の元は星組『エル・アルコン』新公トークでのともみん・キトリのトークなんですけど。
上級生ともみんからのお伺いに対し、しれっと「イケてました」と答えるキトリ=マリアンヌがすんごいツボってさぁ…!

てなわけで、二人でこんな感じでレッスンしてたら面白いな、と思った次第。
でも組がちがうからなぁ。

できれば「タニさんすご~い」と呑気に見てるみっちゃんと、
「ウチのトップがご迷惑をおかけしますねぇ」と姉さん女房的にお礼を言うウメヅさんもオプションでつけたいところです。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。