ドリタイだいもん×縣×あみ②

・チャレンジコーナーは掛け声。
ミューレボ初演でだいもんがやってた「アrrrrrrrrァイ」な巻き舌です。

「素」の状態からいきなりもってくの、大変そうだよね。

だいもんはさすが、縣くんもよかった。
あみちゃんはきっと舞台上だとガツっとやれる人だと思う。

・1日だれかになれるならだれになりたいか、という質問に対して。

だいもんは「縣になって気持ちよく踊ってみたい。まだ完成していない危ない感じ、どういくかわからない危ない感じを経験してみたい」と。

縣くんは「望海さんのノドってどうなってるのか、研究心としては、なってみたい。
『ここ、こうかー』って。
簡単に言えばジーニーになってみたい。」

ジーニーは『アラジン』のランプの魔神でしょうか?
(このへん詳しくなく……)
「変身やジョークが得意で、常に陽気でハッピーなエンターテイナー。」らしい。

あみちゃんは「空飛ぶのが夢で、飛べるものになってみたい。鳥とか。」と。

・「私たち(縣・彩海)とどういうお芝居をしたいですか」という問いに対して。

①で書きましたが、あみちゃんの分はこんな感じでした。

彩海:望海さんとご一緒するときは子どものことが多いので私は成長した姿で
望海:そうだよね
縣:確かに!
彩海:それはそれでとっても幸せなんですけど。2回も子供を経験させていただいたので、次は
望海:大人で、大人で会いましょう
彩海:はい、大人でお会いしたいです

ほかに、子どものころの話、視線のやり方などの話、セリフ再現コーナーで『エールの残照』。
『エールの残照』配役にはヒロインのぶんも入ってるのがなんとも言えず……。
のぞさん、なんか笑っちゃってるし。

子どものころの話では、気に入った石ころを拾って家に飾っていたという縣くんがとっても縣くんでした。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。