ライブドアニュースのみりおインタビュー

ライブドアニュースにみりおのインタビューが出てます。

元宝塚女優・明日海りお 孤独感はあえて解消せずに「使い分ける」 – ライブドアニュース

1972年の発表以来、50年近く愛され続ける萩尾望都「ポーの一族」。 この名作漫画を原作とした舞台に元 宝塚歌劇団・花組トップスターの明日海りおさんが再び挑戦されることが2020年9月に発表され、大きな話題となりました。 宝塚歌劇団時代の2018年に主役エドガー・ポーツネルを演じ絶賛された明日海さん。退団後の初舞台で同役に臨まれる彼女に、心境を伺いました。 …

口紅の色のためか、ちょっと男役モードに戻った感じ?

――「ポーの一族」は「ひとりではさびしすぎる」というセリフに象徴されるように、テーマの一つに「生きることの孤独」がある作品かと思います。
明日海さん自身は孤独を感じた際に、どのように解消されていますか?

うーん、何が原因で孤独を感じるかにもよるので、まずは理由を考えます。
今年のSTAY HOMEみたいに、人と会えなくて寂しいことが原因だったら、今の時代は解消するすべが色々ありますし。
「自分の気持ちを、誰にもわかってもらえない」ことが原因なら…私の場合は、ひたすら耐え忍ぶ。今はそういう時期なんだなって受け入れて、芸の肥やしにしようと考えます。孤独を解消しようとするよりは、身を任せるイメージです。

エドガーをうらやましいと思ったことは…なかったですね〜。すごく愛らしい妹がいるというのは憧れますけど。
組を背負っている時期は、大変なことや共有できないことがありつつも、幸せや充実感を得られてもいました。孤独を感じるときと、ひとりじゃない幸せに包まれるときとを、使い分けていたような気がするんです。

「孤独だっていいじゃな~い」という某元トップさんの歌が浮かんでくる……。
孤独がわりと平気な人っているよね。

――日常生活と聞くと、同期で寮の同室だった、現雪組トップスター男役・望海風斗さんについて考えてしまいます。

だいもん(望海風斗さんの愛称)は…本当に誰よりも真面目で、でもデリケートな部分も持っていて。すごいしっかりしてますけど、ナイーブな一面がやっぱりあるんですよ。
なんだろう…私の方がちょっと年下なんですけど、性格的には私よりずっと「女子」なタイプなんです、だいもんは。
宝塚という場所で同じ仲間として、ひとりの人間が大人になるまでの期間を一緒に過ごしてきたので、そんな繊細な彼女がいま宝塚の柱として活躍しているのを見ると、本当に大好きだなあと感じますし、すごいなと思います。

だいもんについても言及。

だよね~。だいもんはわりと女子で、みりおは外見に反してそうでもない。

なんとなく知ってることではあるけど、みりおに言及されることで萌えが生まれるっつうか、百合を感じるというかでハスハスしました(笑)。

2

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。