『ZORRO』感想・4

※以下ネタバレ含みますんでよろしく※

●ワカン・タンカ

ロリータちゃんはベルナルドの後をつけてきました。

海が見える=ベガ家の屋敷跡の下だとわかるのが不思議でなりませぬ。
海なんていろんなところから見えるんじゃないのかと。
それとも海が見えるところはベガ家くらいしかないのか。言いかえるとベガ家が海を独り占めしていたのか。
どんだけ広大だったんだ、ベガ邸。

さておき。
「私も言葉を捨てるわ!」とイミフなことを唐突に言いだすロリータちゃんにビビる。
お嬢様おちつけ。

ゆめみちゃんのお母さんっぷりが素敵すぎる。
上級生娘役ばんざい。

●廃坑

ミズ母のゆり香姐さん登場。でも囚われてるだけ。

ゆり香姐さんの扱いがこんなで、杏奈がバリバリにキレイな役だったので「あれ、杏奈って退団だったっけ? サヨナラ仕様?」と思いながら見てました。
杏奈って今までろくな扱い受けてなかったし。
いや、あれはすごい合ってたんだけどさぁ、退団者には花を持たせようぜ、谷。

やたら大量の人(インディアン)がやってきて働かせられている人たちを助けにきた、と思ったら案の定見つかってるし。
バレバレだし。
あぁ… _| ̄|○ 

でも水ユミ(+キム)の戦いでちょっぴり燃えます。

と思ったらとなみ捕まってやがる…… ( ゚д゚)ポカーン

予想どおり完全に足手まといなレディ・ゾロ。

ゾロがメンドーサを追い詰めたところで捕まった状態で登場ですよ。どうみてもこの劇の最大の悪役のホセ・ディアス=ハマコ先生に銃をつきつけられてますよ。
ありえねっっ。
水キムの努力がフイですよ。それこそ水の泡ですよ。

「私の命は気にしないで!」
とか言われてもそういうわけにはいかんですし。

レディ・ゾロ。
この人なんのためにきたんだろう…。
ていうか、この話の中でヒロインが果たす役目ってなんなんだろう……。

でもまぁハマコが超悪役でしびれたし。
なんたってまさかのメンドーサごと廃坑に置き去り。

いいんだ、それ。
仲間じゃなかったのか。

でもメンドーサはメンドーサでそんなことはどうでもいいらしい。
命を懸けてゾロと戦えればいいらしい。

ゆみこ…。

君は『マリポーサの花』でも水さんのために命を懸けていたね。
ベクトルは真逆だけれども。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。