真彩ちゃん記事2つ

雪組トップ娘役・真彩ちゃんのインタビュー記事を2つ見つけたので貼っておきます。
(朝日新聞DIGITALは会員登録で無料で読めます)

雪組・真彩希帆<上> 「魂込める」サヨナラ公演 – スポニチ Sponichi Annex 芸能

雪組トップコンビ、望海風斗&真彩希帆のサヨナラ公演「fff― フォルティッシッシモ―/シルクロード」が来年1月1日、兵庫・宝塚大劇場で開幕する(2月8日まで。2月26日~4月11日=東京宝塚劇場)。 …

雪組トップ娘役の真彩希帆退団語る あたたかさに包まれ:朝日新聞デジタル

つややかな美声で観客を魅了してきた宝塚歌劇団雪組のトップ娘役・真彩希帆(まあやきほ)が、2021年元日からの公演を最後に退団する。  初日まで1カ月を切った今、言葉の端々から充実感が伝わってくる。鈴を転がすような声で、よくしゃべり、よく笑う。「心のどこかに寂しさはあるけれど、それをも忘れてしまうくらい舞台に立てるのは幸せ。1公演ずつ魂を込めたい」。稽古に全身全霊をささげる日々を送る。 …

来年1月1日から始まる『f f f -フォルティッシッシモ-』の「謎の女」について。

「何を言ってもネタバレになる」と笑いながら「退団公演にして今までやったことのない、正解のない役。今はまだ、役にのみ込まれそうになる自分がいますが、見終わったらきっと温かい気持ちになってもらえると思う」と自信をのぞかせた。

スポニチアネックス

「一言で言うと、人間であり人間じゃない」。そして「ベートーベンだけじゃなく、みなさんお一人お一人の中に絶対にあるもの」と謎めいた言葉を口にした。

朝日新聞DIGITAL

ネタバレ厳禁な感じなのかな?

題材がベートーヴェンなこと、ポスターなどの画像が喪服とも思わせる黒衣だったことなどからどうしても「死」(トート閣下みたいな)的なものを想像してしまうんですが……。
でも「喜ぶ劇と書いて『喜劇』」らしいんですよね。

ほんと謎。

マイ初日が楽しみ。

新型コロナウイルスの影響でサヨナラ公演「延期」という前代未聞の措置を受け、退団が半年延びた。「昔から物事には“何か意味がある”と思って生きているんですね。だから今、宝塚にいるのもきっと意味があるのだ、と。“魂を込めて”という意味をいつもの公演より強く感じながら舞台に立ちたい」と熱演を誓った。

スポニチアネックス

ほんと、人生なにがあるかわからんなぁ……とおもうようなコロナ禍ですよね。
退団が1年延びたことで、もしかしたら退団後のいろいろに影響が起きてるかもしれませんが、それも良い結果につながりますように。


2

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。