雪組『マリポーサの花』新公・2

ヒロイン・セリアの舞羽美海嬢。
きれいでした。
娘役の外見がアレだと芝居にすっと入り込めないから、そういう点でまずよかったと思う。

この子もまだ研2なんだよね。
若いのに物怖じせずによくやってるなぁ。
セリフ回しとかなんか引っかかるときもあったけど、学年を考えたら仕方ないと思う。
これからもっと良くなってくよね?

歌はアレ…?って時とうまいと感じるときとがあった。
上手いのか下手なのかまだよくわからない。

悪くはないけどまだ未知数な感じ。

歌についてはエスコバル(本役・ゆみこ)の凛城きら氏も同様。
はじめの方の歌は今ひとつだと思ったんだけど、中盤以降でいいと思った歌があったんだよね。
まだよくわからない。

よくわからない感については芝居も同様かも。
決して下手ではないと思うんだけど…。

一つどうにも気になったのは脚かな…。
戦闘服の場面、ズボンがパツパツです…orz (せしこさんは細かった)
ここはちょっと萎えた。本公演では超かっこいい出色の場面なだけにがっかり感が…。はい。

大統領(本役・ハマコ先生)の蓮城まこと氏。
芝居うんぬんよりまず見た目がきれいだった。

本役はモロにおっさんなんだけど、こっちはまだ若くていい男なんだよね。
だからサルディバルが大統領になった背景が本公演とは違って見えた。

若くて実行力ありそうでー、一般大衆の人気があってー、一部熱狂的なファンとかいてー、ってのを妄想してました。
コイズミさんみたいな感じかな。

芝居もよかったと思う。
出番多くないけど印象に残ってる。
脇だけど新公主演経験者の華ってのはこういうのかなぁ、とか考えてしまった。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

生AQUA5