『黒い瞳』感想・2

思いつくままに。

・みみちゃんのマーシャがかわいかった!

最初に雪の精で出てきたところからかわいい。
そして「眠ってはだめ!」と声をかけるところもすごく好きだ。
姿も声もかわいい。

マーシャは本当にいい役。
可憐でいじらしくて、それでいて芯が強い。
愛する人と二度と会えなくなることを覚悟の上で彼の無実を告げに宮廷へ行く。
ただ待っているヒロインではなくて、自ら世界を動かしていくところがいいんだ。

これを気持ちよく演じたみみちゃんに拍手を捧げたい。

・しょっぱなから死にかけるキムラさんに「つくづくよく死んだり死にかけたりする人だなぁ」と思う。
ゾロとかマリポーサとか忘れ雪とか…。

・トリオ3人の仕事量がハンパない。
こんなに働きまくるとは思わなかった。

この3人で一番好きなのはソリのシーンのダンス。
静かにタンバリンを打っていたところから徐々にテンポアップしてくのが好き。

・ひろみちゃんがヒゲでおっさんでしたなぁ。びっくりした。

プガチョフが登場したときは浮浪者風だったのと同様に、ひろみの元帥も登場したときは宿屋で稼いでる設定なのかと思ってた。
が、どうやら関係なかったらしい。

・元帥と呼ばれるひろみちゃんといっしょにロシア側に寝返ろうとする人は朝風くんですかね?(出番的に)
黒くてかっこよかった。

・かおりちゃんや杏奈様のドレスの似合いっぷりがたまらん。

しかし貴族のシーンはマイクが足りないせいか下級生がナマ声で、観ている側が手に汗を握ったのであるよ。
(もちろんじゅうぶん聞こえたけど)

・杏奈さまの貴族風トロトロしゃべりはツボにくるな。真似したくなる。

・かおりちゃんのエカテリーナⅡ世はいい仕事。
上級生になっていい女役さんになったなぁ。
高貴さがあって、国を背負っている豪胆さと責任感を感じられる。

マーシャに対しての慈愛の表情も好きだ。

ニコライに釈放を告げる場面で「単純に喜んでよいか」と言うところの心理的な複雑さがいい。
マーシャと出会ったことで己が女であることを思い出したエカテリーナが女帝としてではなく生身の女として話していることが伝わってくる。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

『黒い瞳』感想・3