なんだか間違った旅に出よう

以下、ほとんどヅカに絡まない日記&妄想です。

基本的に腐ってます。

なのでそういうのが苦手な方は決して続きを読まれませんよう…。
続きを読んでも一円の得にもならないので、はい。


私はときどき「吉田×平丸本が読みたいんだよ!」と叫んでいる。(聞き手は常にS嬢)
バク●ンの話ね、念のため。

あんなに萌えるコンビってそうそうない。しかもめちゃくちゃ笑えるし。
あああどこかに薄い本が出てるんだろうなぁ。
買ったことないけど薄い本。

で、その手のイベントに行く習性のない私は、商業アンソロでもないかとブックオフに行ったんですが…なかった。
くそう残念。
アンソロにバ●マン本はないのか…!

気落ちしつつその辺の棚を見てたんだが、やけに擬人化モノが増えてて世の流れを感じる。
あと無機物萌え系とか。

とりあえず政党擬人化コミックは買ってみた。
本気で政治のことがわからんのでちょっとくらいは勉強しようかと思って(本気)。

亀井さんのインタビューが載っていてびびる。
そして民主がけっこう新しい政党だということを知る…。
ああ、勉強になった。
というよりこれは自分のバカさに絶望すべきレベルの話なのだろうな。

こないだの午後、上司がいなくて本気でヒマだったのでS嬢としょうもない話をしていた。
S嬢は今三島の『禁色』を読んでいるらしい。
なつかしいなー、『禁色』。中学生のころに読んだぜ、記憶が遥か彼方すぎる。

S嬢も腐ったヅカファンである。ろくでもない妄想配役をしていた。

「檜さんはYウヒさんにやってもらいたいんですよ」

その発想はなかった。
醜い老作家ですよ! 美青年を使って女たちに復讐するような!

バウでみたい、と。
まあ大劇場ではちょっとね…。
とりあえず劇団じゃなくハラダセンセイに直で手紙を出しておくべきだと思う。彼ならやりかねん。

他のキャスティングについて。
美青年・悠ちゃんがぜんぜんピンとこない。
宙ならTルあたりが妥当なはずなんだがなんか違うのよー。美形だけど違うのよ。

むりやり掘り起こした記憶によると悠ちゃんはギリシャ彫刻系美青年だった気がするのでR事様でいかがだろうか、と思うんだがいかんせん年齢が…。
R事様があと10才若かったらなぁ。かなりいけたと思うんだがなぁ。

いろいろ検討した結果「Kイちゃんなら可」というお言葉が出た。
ダメだとは思わないがぶっちゃけ基準がよくわからない。

Sみ花様はふつうに康子とか。でもどんな人だったか覚えてない…。

あ、鏑木伯爵はMっちゃんで、だそうな。これはものすごく納得した。

ちなみにバク●ンのアンソロ本は2冊出てました。
楽天で扱ってました。買うかどうか迷い中。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。