『FROM SAKURA』を見たんだ・5

トークコーナー:昼回

共演者の3人(ありちゃん、るおりあ、ソナタ)による「美園さくらクイズ」でした。
3人はアルカディアの赤黒の衣装です。

問題は、「宝塚音楽学校の試験で美園さくらがしたこと」。

答えは、合格を見落として帰ってしまったということです。
宝塚GRAPHの波瀾爆笑に出てましたね。

「私は本科だったんですけど、後から来た人がいたことを思い出しました。あれはさくらだったんだ」とありちゃん。

るおりあとソナタ(同期)からは「雨が多くて、修学旅行も雨、私たちの期だけ空がグレーだった」といえば、
「私もすみれ募金のとき2回とも雨だった」とありちゃん。

「すみれ募金、いっしょにお写真撮りましたよね」

舞台袖からさくさくの声が飛んできました。
(あの頃は、先にすみれ募金をした予科生が着替えて、募金活動中の本科生のところに行って募金してツーショット撮ってたんです。
ヅカファンもおこぼれにあずかるべく、ツーショ撮ってる予科本科の音校生を勝手に撮ってました)

「無表情で、予科生あまり笑えなかったから」
「可愛かったですよね?」
「可愛かったです」

可愛かった、とありちゃんに無理にでも言わせるさくさくのスタイルよ(笑)。
強くてヤバい。

トークコーナー:夜回

夜の回は3人により美園さくらがどれだけ愉快なタカラジェンヌかを知っていただくべく「美園さくらクイズ」が開催されました。

質問は芸名の第2候補。

  • 美園さゆり
  • 美園ゆりか
  • 美園えみり

さぁどーれだ?

「正解者には次回大劇場公演にて美園さんからひときわ熱い視線がもらえる権がもらえます」だそうで。
やべーなー。頑張って当てちゃうぞ。

答えは「美園さゆり」だそうです。
えみりは引っかけっぽいですね。本名が「えみこ」なだけに。

ちなみにほかのメンバーの芸名候補。

ありちゃんは「ぜったいに暁千星になると思ってたので『千星光輝(ちせいこうき)』」。
まぶしい。

るおりあは『瑠汐りあ(るしおりあ)』。

ソナタ(今さらですが、愛称はきょんきょん、まりやっちょというのね)は『篝愁(かがりしゅう)』。
「陰気な感じで」と本人談。

「I Have Dreamed」でさくらソロ。

アルカディアの衣装。カツラは細かいウェーブロングでした。

●臙脂系の赤い燕尾の男役3人が登場、帽子も黒に赤のリボン。
ここからSAKURAメドレーです。
さくさくのミューサロだからではありますが、季節にもほんとに合っててよかったよ。

  • 檄!帝国華撃団(サクラ大戦)
  • さくらさくら
  • さくら(独唱)(森山直太朗)
  • 桜(コブクロ)

メドレーをめっちゃ勢いよく歌い踊る4人。
「さくらさくら」は途中で何度か入ります。

アニメも好きでオタクっぽいさくさく、ゲキテイを歌い踊るのいいなぁ。いかにもで。

『さくら(独唱)』のとき、「手を振り」とありが歌うところで後ろの階段上のさくらも手を振るのがいい感じでした。

●アンコール曲は「Amazing Grace」
もちろんさくさくのソロです。

白いドレスにシルバーの飾り、金髪のアップヘアが似合う。

ご挨拶:昼回

ソナタ「このMSで一番楽しかったことはMCなんですけど、MCを作り上げる過程が楽しかった。暁さんも美園さんもお優しくて、下級生の意見も取り入れてくださったり、変なことを言ったら『いやー』と言ってくださって(暁さんが)」

るおりあ「上級生のお二方がお優しいんです。ファンの方の気持ちがよくわかって……。裏表ないところが素敵だなと思います。私もそんな上級生さんになりたいなと思います」

あり「下剋上MCということで、なにを聞いても教えてくれなかったんですけど、振り回されてしまいました。でもそれが頼もしくて、私ももっと応えられるようになりたいな」
「皆さんマスクしてるんですけど、笑顔がわかるので、ショーを作ってきてよかったなと思いました」

さくさく「サクラメドレーの歌詞にもあるんですけど、私たちが月だったら皆さんは太陽。私たちはみなさんの力があるからこそ、輝いていられるんだなと思いました。」
「皆さんは今日一日ミュージックサロンに時間を捧げていただきたいと思いますので、あと1回配信でお楽しみください」

月組だけに出演者は月なのかな。めっちゃまぶしい月ですな。

時間を捧げろとファンに言うさくさく。強い。

●ご挨拶:夜回

夜回は時間がなくてですね……。
たぶん9時までに締めないとダメだったんでしょうね。(コロナウイルス禍の対策関連で)
1人ずつのご挨拶はムリで、さくさくから3人へ一言ずつコメントが贈られました。

「いつも冷静に物事を見てくれる、必要なときに手を差し伸べてくれる」と、ソナタへ。

「アイドルみたいなイケメンなのに心が優しい」と、るおりあへ。

「本当に素晴らしい方なのにナイトのようにいてくださって、一生忘れません」と、ありへ。

さくさく、ぼろ泣きでしたよ。

コメント受ける人たちももらい泣きして、見てる私もぐっときました。

7

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

Domaniタソインタビュー

次の記事

お花見・3