新しい劇場

来年秋~冬に開業する阪急梅田本店に新しい劇場ができるかもしれないということで気になります。
ソース(スポニチ)

阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが、大阪・梅田で建て替え中の「阪急梅田本店」に劇場の開設を検討していることが17日、分かった。2012年10~12月の全面開業と同時のオープンを目指す。

 同百貨店の店舗で劇場を導入するのは初めて。宝塚歌劇団などグループの娯楽事業のノウハウと駅直結の立地を生かし、近くで先行開業したライバル店の「JR大阪三越伊勢丹」や「大丸梅田店」に対抗する。

 エイチ・ツー・オーは「百貨店はモノを買うだけでなく、文化に触れる場所も必要。お客に長く滞在してもらえる」(首脳)と話す。劇場は座席が数百人規模で、本店の高層階に設置。演劇や講演会などに幅広く活用し、一般への貸し出しも想定している。

阪急とも関係が強いので宝塚の公演もやるのかな。あとはOG公演とか。
ハコの大きさがまだはっきりとわからないけど「数百人規模」とあるのでDCサイズ(898席)かバウサイズ(約500席)か。
そもそも梅芸やDCとかぶらないのかな? と思うのだけど、収容人数が少なめだったらだいじょうぶか。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。