『Yū, Sparkling Days』を見たんだ・2

3人でのトーク。
タイトルにかけて「きらめくこと、きらめく時」がテーマです。

todoroki2

・あおいちゃんはまず「今です」。
ずっと延期されてきたDSが、ようやく開催されたのだものね。(無観客配信とはいえ)
そして初舞台の口上も。
初舞台で歌った「清く正しく美しく」を長くソロで聴かせてくれました。

ちなみに、轟さんとさおちゃんは団歌だったらしい。

それと、轟さんの「アドロ」を聞きながら、自分の名前を呼ばれている気になった、と。
「あ」しか合ってない(笑)。

・さおちゃんはまず「この場所に帰ってきたかった」と。
あおいちゃんと同じでしょうね。コロナ禍以降、ずっと舞台に立てていなかったから。

ときめきの原点は轟さん。
そう、よく知られているようにさおちゃんは轟さんのガチファンなのである。芸名自体も轟さんからよね?

『猛き黄金の国/パッサージュ』をビデオで見たのが最初らしいです。
『パッサージュ』はきれいよねぇ……。
そこで真ん中にいた轟さんに心奪われてしまったわけだ。

轟さんは照れ隠しに「真ん中にいたから嫌でも目に入ってきただけでしょ?」みたいな感じで言ってましたが、そんなわけはなく。
さおちゃんはガチファンらしい視線でトークの間中も轟さんを見つめ続け、それにややタジタジになっている轟さん、という図が面白かったです。

トークの間、カメラを意識しなきゃいけないのに、つい轟さんのほうを見てしまうさおちゃん。

・轟さんは、宝塚音楽学校受験の合間に当日券で宝塚歌劇を見た3時間。
月組の初舞台公演だったそうです。
「自分が座っているのか浮いているのかわからない」ほどの感覚になったと。

・初舞台の失敗について。

さおちゃんは、同期が靴を飛ばした話を。

初舞台は月組大劇場公演のミーマイ。
食堂に轟さんがいると聞いてそこに向かった。
轟さんといっしょにいた若央先生が「イシちゃん、お化粧見てあげたら」と話を向けてくれたそうです。

・あおいちゃんの初舞台では、ラインダンスで剣を持っていた。
その剣を銀橋に挿して舞台に戻るんだけど、みんななかなかうまく刺さらない。
ときには最前列のお客様が手伝ってくれたりしたみたいです。

・轟さんは「階段をズルっといった」(落ちた)と。
しかもすべての階段を滑ったらしい。(すべてというのは、舞台裏などの階段をということかと)

大階段から落ちるとトップスターになるという話もありますが、さすが理事や顧問になるお人は違う……。

そして、もうすぐ初舞台が始まる106期生へのエールを送っていました。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。