『Yū, Sparkling Days』を見たんだ・1

9月13日(日)19:45~の「轟 悠 1Day Special LIVE『Yū, Sparkling Days』」を見ました。
もちろんライブ配信です。
自宅で見られるって楽ね。

出演者は主演の轟さんと、宙組のあおいちゃんとさおちゃん。

image

真彩ちゃんのときと同じく、タカホの玄関から始まり、ディナーショー会場へといざなわれる作り。
画面の向こう側のことですが、かつて旧館のタカホのディナーショーへ行った気持ちが少し思い起こされます。

ディナーショー開始。
テーブルは美しく飾り付けられ、食器もセットされています。
音楽は生で演奏。(演者はマスクをしておられる……お疲れ様です)

最初に轟さんが登場。
スモーキーなブルーグレーかな?の変わり燕尾、背中にもドロップ型の飾りが。
ゆるやかな曲を歌ってくれました。1曲目は「スカボローフェア」らしいです。

次にあおいちゃん、さおちゃん登場。
3人で2曲目の「アクエリアス」。
あおいちゃんは紫のドレス、さおちゃんは黒のキラキラした燕尾服。

このDSの作・演出は酒井澄夫先生。
あおいちゃんの衣装に「あーーーーー澄夫ちゃんだわーーーー」と思いました。
澄夫ちゃんのショーはいつも衣装が素敵なのよねぇ。

3曲目はアップテンポ気味な曲でした。
この曲に限らずあまりタイトルがわからない……「サンシャインデイズ」みたいな感じだったような。

轟さんのきめ方とか見せ方とか、ほんとかっこいいよなーーー。

最初のトークです。
今回のショーのテーマとして「きらめく音楽があふれていた、きらめく日々」と言っておられました。
だいたい60年代あたりの曲です。うん、わからないわけだ。
私にはわからないが、たぶん轟さんのメインファン層には合ってるのだと思う。
(なので、DSを見ながら曲名をメモりましたが、大半わからないままだという……)

メンバー紹介も行われました。
吉田優子先生のバラのノースリーブドレスが素敵だったわ。

4曲目、「What’s a Wonderful World」。

5曲目はあおいちゃんが金茶のドレス、さおちゃんがグレーのスーツでデュエット。
タイトルわかんない……「もう何もこの世で欲しいものはない」みたいなことを歌ってました。

6曲目、轟さんが渋めのシルバーのスーツ、シルバーのシャツで登場し「ゴールドフィンガー」。

7曲目は「ロシアより愛をこめて」かな?
轟さん単独のトークが少し入り、ここからは映画音楽をやりますみたいな話を。

8曲目、「太陽がいっぱい」?
轟さんの歌、さおちゃんのダンス。

9曲目、「ムーンリバー」だったっけ。

10曲目、タイトルわかりません。「涙は明日を飾ることはできない」みたいな歌詞。

11曲目、これも聴いたことある曲なんだけどタイトルわからず……。「どうぞどこにも行かないで、そばにきている幸せに……」うんぬんかんぬん。

12曲目、「空に燃える2人の愛」って歌詞だった。うん、これもタイトルがわからない。
さおちゃんが最初出てきました。赤と、紫のキラキラの不思議な衣装でした。
変になりそうなところをギリギリで回避するバランス感覚。

後から出てきたあおいちゃんは、ピンクと黒のドレスで、部分的にシースルー、裾にはファー。
あおいちゃんはさ、あの年齢で(フェアリーだけど、82期ってことはさぁ……)この細さを保ってるのがすごいわよ、お腹とか腰とかほっそいもん! 
感心せずにいられないわ。

13曲目、轟さんも出てきて「マシュケナダ」。
轟さんは赤と水色の変わり燕尾に衣装替えしてきました。
3人で歌とダンスをします。

14曲目は「アドロ」という曲らしい。轟さんのソロです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。