『炎のボレロ』を見たんだ・1

image

雪組梅芸公演『炎のボレロ』『Music Revolution! -New Spirit-』のライブ中継を地元映画館で見てきました。9月2日(水)です。

平日の夕方16:30上演開始ということもあり、人の入りは少なめ。仕事してたり小さなお子さんがいたりすると、出かけるには難しい時間帯ですよね。
映画館じゃなくライブ配信で自宅で見てた方も多かったのかもしれません。

作品について。
元は1988年上演、約30年前の作品です。

あーーーー、30年前のタカラヅカってこんな感じかーーーーー、だよなーーーーーー。

と、昔のことをさほど知らないのに納得してしまう感じでした。
全体に作りがゆるい。

『炎のボレロ』というタイトルですが、炎感がすくなっっっ。
主人公のアルベルト、復讐のために命を燃やしてる感じがあんまりなくてね。

演じてる咲ちゃんが基本的にぽわーんとした持ち味であることもあるけど、のんきに踊って敵方の令嬢・カテリーナと恋に落ちてたなという感じですよ。
で、復讐や反政府運動のためにみんなで集まっていろいろやってたけど、一番頑張ったのはにわさん(ドロレス伯爵)じゃないかっていう。

なんか、主人公が国のためになにをしたのかいまいちわからんかった……。
(あ、あすくん=ブラッスール公爵と談合はしてたわ。あっさり描かれてたけど)
ジェラールあーさが「炎のような男」とアルベルトを評するたびに「そうか?」とクエスチョンマークが飛んでしまうんである。

作品がそもそもいまいちなんだけど、「炎のような男」が咲ちゃんには合ってない気がする。
あーさだったら青い炎を燃やしてくれそうだし、縣くんもふつうに「炎のような男」になりそう。
でも咲ちゃんは違うと思うんだ。
(だからといって、あーさや縣くんで『炎のボレロ』を再演はしてくれるな)
せめて「炎のような男」と評しないでいてくれればなぁ……。

最後はハッピーエンド。
え、こんな簡単にいい感じに収まっちゃうんだ? とこれまたつっこみたくなった。
でもコロナ禍で大変な時期、重たいものを見せても楽しめないかもしれない。
なので、のんきなハッピーエンドは劇団の配慮なのだと思うことにする。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『炎のボレロ』を見たんだ・1” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひろちゃん より:

    自宅でライブ中継見ての感想です。
    あっさりした作品ですね。柴田作品という事で期待してたんですが、スカステで見た宙組の情熱のバルセロナでしたっけ…に似てたわね。
    さきちゃんスタイルよし足なが~くてカッコよかった。衣装も似合って歌上達! 潤花が次期トップでよかったのにね。実力的にはヒラメの方が上でも一寸がっかり私的には。
    この作品の主題歌は好き、何回も歌われてよかった。
    ショーの方は全てよくて満足。
    フィナーレの終り近くでPCが固まってダウン。7年使ってるのでね。
    PCとTVを繋いで見てたのですが
    まあ黒燕尾も見れたので仕方ないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。