『VIVA! FESTA! in HAKATA』を見たんだ・3

・ソーラン宙組は盛りあがる。博多座ってのがまた合うよね。
冬の公演だけど、夏の公演だったらもっと雰囲気が合いそう。(でも暑さでみんな倒れそう……冬でよかったのかも)

「ソーラン宙組」ってギャグかよ!ダジャレかよ!! って大劇場版が始まる前は思ってたのに、もはや『シトラスの風』並みに宙組の持ち芸になってる。
「宝塚らしい」と一般的にイメージされるものとは違うけど、みんな楽しそうだしみんな可愛い。

男役さんの放つ熱気も、娘役のやや柔らかい気魄もどちらも好きだ。

中詰前のまか愛の肩組みもテンション上がる。
真風と愛ちゃんとか、でっかすぎて、男だ!! なにこのゴージャスな並びは。

ヴァルプルギスでは王子様みたいだったずんちゃんが男気出してくるのもいい。ギラついておられる。

大劇場版ではセンターがまぁくん(一部みりおん)⇒真風の流れだったのが、博多座版ではずっと真風の場面(一部まどか)。
けっこう長いぞ。
お疲れ様ッッッッス!!!

やばい、真風が痩せちゃう! と、もう終わったことの心配をしてしまうわ。

しかしだな。真風にソーラン節って似合いすぎないか。
これ当てたの神かよ。

真風は遅れ気味でハァーどっこいしょなリズム感を持ってるけど、ソーランだとそれがまったく気にならんのよね。むしろそのタメが味になるし、男っぽさとして映る。

遠洋漁業得意そうだよね。
大漁旗しょって生まれてきたよね。
いやぁさすがっす、さすが星組生まれ星組育ち。

とか思ってたら、総踊りのあとに客席下りしてた。
真風が遠洋漁業に出たwwwww

タッチしてもらえたっぽいおじさんも嬉しそうで何より。

・誇りと野心は愛ちゃんのソロから。

誇りチームも野心チームも衣装での見分けがつきづらいのだが、後で仲良くなるからだろうか……。

真風がまたナイフ持ってた。
ナイフ持ってる率高いな、真風。

・そうか、この頃はまだあっきーがいたのね! と思うフェスタの夜。
ずんちゃんとのデュエットです。
あっきーの優しい微笑みが懐かしい。

・まどかセンターで男役6人と絡むダンス。
あああありくちゃん、懐かしいっっ。1年半経つと顔ぶれが変わるわねぇ。

まどかは紫のドレスがお似合い。

まどかはそらファンのイメージがあるので、組むところは嬉しいだろうなぁとニヨニヨする。

・黒燕尾はいつ見ても美しいなぁ。
ちょっと四角い感じの振付が目新しい。
上を向いた男役さんが足を前に投げながら跳んでいくところもつい目で追ってしまう。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。