ちゃぴ転向

月組のちゃぴこと愛希れいか氏が娘役に転向しました。
だから今後は「氏」じゃなくて「嬢」になるんだな。

2011/05/30

月組 愛希れいか 娘役転向について
月組・愛希れいかが2011年5月30日付で娘役に転向いたします。

月組公演『アルジェの男』『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』(宝塚大劇場:7月29日~8月29日、東京宝塚劇場:9月16日~10月16日)より娘役として出演いたします。

まずはほっとしました。
『歌劇』で初舞台生紹介をみてからずっと「いつかは転向するのかなぁ」と思ってた人なので。
でもってジプ男のヴィオルカの似合いっぷりと園加バウでの女装したキレイさに「いい娘役だな」と思って、そのぶん男役としての彼女の行く末が不安だったのですよ。

すんなり落ち着くところにきました。
背は娘役としては少々高いけれど極端に大きいわけではないし、なんといっても華奢だった。
顔はとても小さくて少女っぽいかわいらしさがある。

男役としての彼女も応援していたけれど、娘役への転向は本人の資質と劇団その他の意向に合ったよい判断だと思います。
素直に祝福できる。

実質娘3のポジションを経験したことがあるとはいえ、娘役としての経験値はまだまだ不足しているはず。
だからこれから研鑽を積まれますように。

次回公演の『アルジェの男』を私はしらないけれど、トリプルヒロインの形をとるとどこかで読んだことがあります。
今までの役付きのよさからして、もしかしたらその中に入ってくるんでしょうか(入ると思ってます)。
本公演はムリでも新公ではきっと入れてくるでしょう。

カツラやアクセサリーの選び方、男役と踊るときのしなやかな動き、目線、相手によっては膝折と、娘役として必要とされるスキルをこれからどんどん学んでいかなくては。
よい娘役になられますように祈ります。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

ちゃぴ転向” に対して4件のコメントがあります。

  1. そも より:

     アルジェの男の原作は「赤と黒」です。とうこさんをはじめとして、さまざまな生徒(ゆうひくんとか、最近じゃキング)の「演じたい役」にあげられたジュリアン・ソレルですが、こちらのジュリアン・クレールはかなり黒い男です。
     田舎の不良だったジュリアン・クレールはパリの金持ちに拾われて、恋人サビーヌをおいて大都会パリへ。金持ちは娘のエリザベートと結婚させてもいいと思うが、エリザベトは気位が高くジュリアンに気があるのになかなかなびかない。そんな時にパリ社交界に力を持つ未亡人が、盲目の姪アナ・ベラのことを「ハンディキャップがあって恋愛を知らない姪の恋人になってやって欲しい」そうしたら今後引き立ててやるという話をジュリアンに。盲目の女に興味はないが、エリザベートの気を引くためにアナ・ベラの心を捉えるジュリアン。エリザベートは他の女のものになるのが悔しくて、結婚を承諾。捨てられ深く傷ついたアナ・ベラは彼女を慕う忠実な召使アンドレに「悲しすぎるから何もなかったように振舞って、おば様にも何も知らせないで」と告げるエリザベートとの結婚の決まったジュリアンはサビーヌがジュリアンの過去を知って脅しに行こうとした男をサービーヌが殺したことを知る。自分を守ろうとしたサビーヌを見捨てることは出来ない。サビーヌと共に逃げようとしたジュリアンに一発の銃声が。アンドレがジュリアンを撃ったのだった。
     記憶で書いているので間違っているところがあるかもしれませんが、改作されていなければトリプルヒロインです。順番をつければジュリアンの本命サビーヌと野心のために選んだエリザベート、あっさり捨てられるアナ・ベラの順だとは思います。
     愛希さんは新人好演でサビーヌのような気が。再演のヒロインを演じられた姿さんは転向組でしたし、男役さんが演じられてもそんなに違和感ない役だと思います。

  2. ゆきたろ より:

    >そも さま
    詳しくありがとうございます。
    瞳子ちゃんの『赤と黒』は観ました。(懐かしい)
    主演娘役のいる組でトリプルヒロインってどうなの? という気もしますが、かなり楽しみです。
    ちゃぴちゃんはおそらくは劇団の意向もあって転向したのでしょうから、やはり相応の扱いをされるでしょう。
    本公であれ新公であれトリプルヒロインに入ってくるとしたら、それもやはり楽しみです。

  3. そも より:

     転向組はだいたい扱いはいいですよね。
     昔の話ですが条はるきさんなんて転向していきなり大劇主演でしたから。条さんは大きいし顔は男だし、でも歌がとても上手かったです。
     私は転向するなら、もともと娘役だった人たちを圧倒する何かがないと、なかなか難しいとは思いますが、元々ファンも付いているし、扱いはいいと思います。
     個人的にはでかい娘役は好きではありません。
     男役さんの本音は「歌が上手くて体が大きくない相手役」なんだそうです。音程が安定していると自分が引っ張られないし、体が小さいと持ち上げやすい(笑)
     ただヅカファンの方は歌の上手い娘役や小さい娘役を好まないので不思議ですね。どう考えても華奢だったり小柄な男役だったら、小柄な娘役のほうが並んだ時美しいと思うし、ヅカファン以外から見ても自然。
     男役は体力的にも大変だし、自分の足を引っ張らない仕事の出来る相手役を望むのは当然だと思います。
     ファンのよく言う「相手が上手いと引き立たない」なんてとんでもないですよ。反対です。下手な相手が足を引っ張るのがいけないんです。
     話は戻りますが、転向組でも前述の姿晴香さんや花組トップだった若葉ひろみさんのことは私も好きでした。二人とも宝塚らしからぬ普通に美人の方だったので。あれくらい美人なら少々大きくても誰でも納得するでしょう。
     愛希さんはこれからの方なので娘役とはしては未知数ですが、精進してよい娘役になっていただきたいです。

  4. ゆきたろ より:

    >そも さま
    転向即大劇主演ってすごいですねー。昔のこととはいえ…。
    歌はうまくないとなんだかんだとファンに叩かれてる気はしますよ…。
    しかし抜擢する劇団はそのへん(歌のよしあし)はどうでもいいのかなぁ、とは思います。
    あと「長身の娘役」も劇団が好きなイメージです。
    しかし組む男役さんはたしかに大変かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。