プレシャス!マギー

「プレシャス!宝塚」にマギーさんが出てます。 →コレ

ハンカチらしきものを手に語るマギーさんは、茶道の袱紗捌きをしているかのようだ。
洋顔なのになぜか和の雰囲気。

インタビュー内容はもちろん主演作『FALSTAFF』が中心。

 この役を通して教えてもらったことがある。「ありのまま」と「勇気」だ。

 「今までは声楽もやらなきゃ、あれもやらなきゃ、と足し算だった。お休みの日もずっと追われていた。でも、何もしない私が今、残った物でどう勝負できるか? 引き算でやってみようと思ったんです」

歌も演技も強すぎて「引き算」という言葉のイメージからは離れますが、技術よりも本人の中身を思いきり出したという点では「引き算」なのかもしれない。

 「私はこの芝居、邪魔じゃないかな? と周囲を気にするタイプで。北翔さんは『専科なんだから、デーンと構えてなさい。やりたいこと、芸を自由に見せなさい』とおっしゃってくださった。心強かった」

専科の大先輩、みっちゃんからのお言葉もありました。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。