『TAKARAZUKA 花詩集100!!』感想・4

●スミレの場面。

砂糖菓子のような甘やかな色彩が、宝塚は夢の世界だとしらしめてくれる。

かわいい。
綺麗。
美しい。

夢々しい絵が舞台に広がっていて、「宝塚ってきれいだなぁ」と思う。
幸せに包まれる。

・ポスター衣装のまさおとちゃぴ。かわいい。
いつの時代のか分からないけど、ザ・少女マンガな2人だ。

回りの人たちはスミレっぽい淡い紫の衣装だったっけな。

●男役さんたちがピンクの羽根をもって、「すみれ――」を歌うまさおの後ろをついて回る。
かわいい。

そしてからんちゃんは美味しいなぁ……! 芝居といいショーといい。でもこれも「できる子」だからこそだよね。
学年のわりにマスコットっぽいのも、選ばれる理由としてあるだろうな。

・すみれの花咲くころのアレンジでまさおが銀橋を渡る。
よくわからないけど原語かな?

最後に指2本をそろえてスチャッとポーズを決めるチャラさがすごくまさおっぽくキュートだった。

ふと同じことを別のトップさんがやったらどうなるかを妄想。

・蘭寿さん……恥ずい。照れる。キザでかっこいいが観てるこっちが果てしなく照れる。
・ちえ……普通にかっこよくてたぶんなんの違和感も覚えない。
・テル……「現代的な男役さんだからねぇ」と納得してしまい、こちらも特別違和感はない。
・えりたん……やらない。想像つかない。

●6メートルの裾を引きずって銀橋を渡るちゃぴからは「トリスタンとイゾルテ」がイメージされた。
(でも「トリスタンとイゾルテ」がなんなのか、実はわかっていない)

すごいドレスは、花のじゅうたんを引きずっているようでもありました……。
ピクニックができそうだ。

叶羽さんと海乃さんが裾を持ってました。
コーラス担当でもあるので歌える人を持ってきたのかな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。