『Marisol』2014年4月号

ちぎのインタビューが出ていました。
写真は少年っぽい爽やかさにあふれたもの。

「恋するミュージック」と題された連載の第4回。
ちぎたさんが選んだのは辻井伸行さんの「それでも、生きてゆく」。
ほぼ永遠というほどリピートして聴いて、美しいメロディとピアノの響きが体にしみ込んだ、と。

聴いてみたくなったなぁ。

辻井さんは、先日の式典でピアノを弾いておられましたね。
やはりちぎたさんは特別なテンションだったのかしら。

舞台化粧中は音楽はなし。
おしゃべりをしていて、「上級生、下級生にかかわらずつっこんでくれて、たまにつっこもうとするとボロが出て、さらにつっこまれる」と。
想像がつく。
主につっこむのはきゃびぃ様かしら。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。