『明日への――』配役発表

そういや昨日、月組大劇場公演『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』 の主な配役が出ました。
(どうでもいいけどタイトル長いな。通称は明日セン? 明日航?)

完全オリジナル作品なので配役見たってわからなーいのですが、気になるところ。

アルバート一等航海士 光月 るう
イアン二等航海士 宇月 颯
ウィリー三等航海士 紫門 ゆりや
エド四等航海士 煌月 爽矢
オスカー五等航海士 鳳月 杏
カール六等航海士 珠城 りょう

航海士が、学年順に「アイウエオカ」(笑)。
ダーイシが変なところで遊んでる。

船長さんは2人。

コネリー船長 飛鳥 裕
ロストロン船長 輝月 ゆうま

なんで2人いるのかわかりません。
(対立関係だったり? あるいはナガさんのコネリー船長は過去の人だったり?)

が、航海士より格上であろう船長に新研6という若者のはずのまゆぽんが配されているのは、彼女が専科さん扱いだからでしょうか。

祝日なのを幸い、初日観てきます。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

宙ベルばらポスター

次の記事

福豆まき