『インフィニティ』感想・7

がらりと雰囲気をかえてインド。
侍従と侍女の掛け合いの歌。

「我らは侍女 インドの美女 生まれながらにして才女」
「仕事をしないなら退場」

こんな感じの歌詞だったと思うんだけど、韻を踏んでいて楽しい。

最近マハラジャが退屈しておられるから、侍女のお前らが楽しませろ、踊りとか得意だろ。と命ずる侍従Aのコマ。
偉そうでアホかわいい。

そしてマッツマハラジャ登場。
変な座り方をしたりオレンジをいじったり。

あの顔でぐでーっとしてるだけで笑える。基本が無表情かとりすましてる系の人だからなぁ。
なにしてもキザな人が全力でやるコメディ。
もしかしたら、素のまつださんはこっちに近いのかもしんないけど。
(ていうか、そうなんじゃないかという気がかなりしてるけど)

一方、コマが侍女たちに踊らせ、したり顔でいるのがまたかわいい。
誉められる気満々。
なのにあっさりクビを言い渡され、大仰に驚き去っていく。
うまいわー、コマうまいわー。
コメディ鍛えられまくってるもんなぁ。

そして曲調が変わっていきなりはじまる「マッツマハラジャ」。
アホらしい!
楽しい!

みんなこのノリに乗って一緒に踊りだす。
見たことないけどこのアホさはインド映画のノリだ…!

後ろでぴょんぴょんしてるひーこがまたかわいい。

しれっと踊りがうまいまっつ。
しれっと変なことをやりだすまっつ。
しれっと動きがエロいまっつ。

――という、「しれっと」感がこれでもかと有効活用されていて腹筋崩壊します。

ラストのキメもすごくかっこいいのに、シーンがシーンだから笑えてしょうがない。
いやー、こういう場面があると通いやすいよね。
何度みても楽しくて、でも緊張せずにゆるく観られる。

それと、「この手の音楽が宝塚のショーでしっくりくるなんて…!」と少し感動した。これは発見だった。
かっこよい場面にするとだいたい浮くのに今回はOK。こういうアホなノリだといいのか…。
稲葉っち、素晴らしいぞ(笑)。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『復活』感想・5

次の記事

書き終わったら