『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』感想・1

1回しか観てない&プログラムで予習してない…なので、どこに誰がどんな役で出てくるかの予備知識なしに観てます。
なのでろくな感想書けませんが、思ったこといろいろ。
時系列にはなってません。

・チャラくてせわしないショーでした。
よくいえばコミカルでポップ。
全体的にノリが軽い。個人的にはあんまり好きじゃないなー。

ムカつきはしないけどリピートしたいとも思わない。客席降りがあってなお。
(とか言って、再来週もう1回観ることは確定している)

・ていうか、芝居との組み合わせが悪い気がする。
芝居が変にコミカルな味付けをされていて、その後にやはりポップな齊藤ショー。
重いのがダブルなのよりはマシだろうが、軽いのがダブルなのもつまらないものだ。

・客席降りはショーの終盤に。
キムラさんはインディアンのかぶりもので降りてました。
罰ゲームではない。きっと、大羽根の代わりなのだ、きっとそうだ。
ワカンタンカワカンタンカ。

・あ、キムラさんは上手センター通路で手を差し出しながらお触りOK状態でずんずん進み、そのまま22列目の前の通路をはじめは上手のほうに、のちに下手のほうに進み、そして下手センター通路から銀橋へ戻っていっていたかと。

結構な人数が降りるし、2階席にもジェンヌさんはきているようです。
大劇場公演の通例化してきたなー。いいことだ。
誰がどこにいるかはろくに覚えてないですが、17列目上手センターにはこの公演で退団のしゅうまいがいたような。

・通し役で狂言回しポジはジョーカーの緒月とハートのAのあゆ。
緒月はどっかの場面で『ソロモンの指輪』の緒月とテルの役(役名忘れた…ルシフェルとセラフィムだったっけな)を混ぜたかのようだと思いました。

あゆはどこかの組の娘1に内定でもしてるんですか? と訊きたくなりました。
実のところ娘2以上のたいした意味はないような気がするけど。

オープニングの2人の歌は全然聞き取れない…。

・ショー全体に振りとか歌詞とかがヲタっぽかった。
手振りとか掛け声とか歌詞とか、もうなんかいろいろと。演出家の趣味全開?

がおりちゃん(と誰か娘役…かおりちゃんだったっけ?)が歌うところの「男と女のフラッシュタイム」に吹いた。
あああこっぱずかしいよう。

・“ROYAL STRAIGHT FLUSH!!”な5人が銀橋に並んで1人ずつ紹介文…というかあおり文句を言うところがまた強烈に恥ずかしかった。
まっつが自ら「怜悧なまなざしの」とか言うんだよ。言っちゃうんだよ!

テレビドラマなんかのオープニングでみたことがある、

歩いてる姿→キメポーズ→顔アップ+キャッチフレーズ+名前

の流れをやりたかったのかな、と。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

1勝