『アルジェの男』新公感想・3

●たまきちのアンリは元軍人というのが納得できるわ。

ていうか、銀橋歩いてるだけでかっこいいってすごいな。
体格がいいって素晴らしい。

アナ・ベルが死を決意する場面、膝をたてて座ってるのがほんとかっこいい。
お姫様だっこも余裕綽々です(みりおが不安だというわけではない)。
でもってアナ・ベルの死のあと、銀橋で歌い、最後に復讐を決意する顔に変化するところがよかった。

ラスト、本公演では扉を開けて飛行場の奥に消えるんだけど、新公では元来た上手花道を走り去っていきました。
どういう意味があるんだろうな。

アナ・ベルの墓前に報告にいくのかな。
あるいは自首しにいくのかな。
それとも湖に向かうんだろうか。

●最後のカゲソロは輝月くん。たびたび歌で使われる子ですね。
上手かったです。音量が宇月のより大きくなかったので耳が楽だった。

●最初のアルジェでのダンス、まんちゃんがセンターにいたので「なにしてるんすかミシュリューさん」と思いました。
いやすごくかっこよかったけど。

ミシュリュー役はマギーさんの謎のエロとかうさんくささには及ばないけど、新公ですから。

●シャルドンヌ夫人のさち花ちゃんは達者だねぇ。
外見が老けすぎてないのでミシュリューさんとのラブシーンもどきが見ていて楽だな。
本役さんより野心が表に出てる感じがした。

●ボランジュ提督の有瀬くんはりっぱにおっさんでした。
リュウ様的エロとか迫力はないけど、充分オッケー。

●奥さんのルイーズは舞乃さん。
下手じゃないと思うんだけど、あーちゃんほどウケてはいなかったな。

●みくちゃんは役らしい役はあまりないけどちょこちょこと出てました。
ボランジュ邸の少年給仕とか花売り娘とか、あとダンサーとかね。

本公演がトリプルヒロインのうちの1人だったから、新公ではちょっと引いた感じだったのかな。
少年給仕の2人は小芝居がすごい楽しかったですよ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。