星組観劇レポ・続き③

退団者のひかちゃんは酒場で瞳子に情報を流すおいしい役を貰ってた。
結構セリフが長くて、しかも上手かった。
ちゃんと裏世界の女、という感じで、
いい女オーラが出てました
あとはジュリエットのお母さん。
なかなかいい加減な、味のある役ですねー。(出番少しだけど)

柚美さんはティリアンの母・イザベラさん。
柚長がー、ピンクの夜着でー、歌ってるーーー!
ハイ、ちょっと衝撃的でした。
初日あたりはベッドが舞台に移動する音がやたら聞こえて
「あ、ベッド出てきた」「あ、袖に片付けられた」な感じがあって、なんとも・・・。
柚美さんて、あんまり歌上手くないのかなー、とか思ってたけど大丈夫でした。

女王エリザベス・エレナ様。
ぶっちゃけ、この場面いるのか・・・?と思わんでもないが、
ま、エレナ様のやりすぎ感がたまらんし。
これぞ星組・・・?(星組に対する偏見か?)
なんつうか、エレナ様のオフィシャルイメージってこんなだよな・・・、な、
あまりにもそのまんまな場面でした。
サイトー君はすっごい思い入れありそう・・・(なんとなく)。
最後の戦いの前、「さあ、とうとうやってきました、この時が!!」とか、どこの実況だ。でもコレ好き。
完全に脇役なのになぁ。すごい扱いだよなぁ。

ジュリエットの稀鳥まりやタン。
サイトーここにあり!!を体現したような役でしたね・・・。
The・アイドル歌謡!
手振り(両手でハートを作るの)もThe・アイドル。
ま、かわいいからいっか・・・。
「誰なのかしら、このオバサマたちは~」とかイノセントに歌っちゃいます。結構ヒドイw
登場は上手銀橋セリ上がり(スポットライト付)、
娘役(一部は娘役「もどき」)を引き連れて踊ります。
一躍スターの扱いだなぁ。
新公ヒロインだしなぁ。
ダンサーコンビになれるちえ嫁の話もあるけど、そうなると身長差がけっこうすごいことになるよね・・・?(りかくらぐらい?)

少年ティリアンの天寿光希。
うまかった。
幕開きから芝居、というすごい役を担ってた。
まだ黒くなってないティリアン、スペインに憧れるティリアンの部分を丁寧に演じてたと思う。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

美青年を見たい