雪全ツ『Music Revolution!』感想・4

まだ書き終わってなかった雪全ツミューレボの感想の続き。
観たの何ヶ月前だと思ってんの……って話ですが、メモが残ってるのでそれを頼りに書く。

・プロローグの歌いつぎのところ。

前回書き忘れていたんですが、あやなちゃんが入れ替わりの際にひとこの肩から腕まで撫で下ろしてたんですよねー。
エロくて大変よろしかった。

ふわ~っと観てたらいきなり爆弾落とされて、ほんと脳みそ爆発するかと思ったわよ。

・中詰後の「カノン」はひとこ。
ただでさえ中村Bでみんな出ずっぱりなのに、全ツで人数減だから出番がえぐい!!
でも限界を超えるような仕事をして、場数をこなして大きくなっていくのよね。
花組でも素敵な花を咲かせてくれるでしょう。

・「Music is My Life」
本公演では退団者ポジに組替えのひとことひらめが入っていて泣けました。
こうやってきちんと送り出していくのね。愛だわ。

終盤の動きはだいもんのアドリブを組子が受けてる?
すごく楽しそうだった。

・フィナーレの最初はあみとみちるが「サッチャナイ~」って歌うやつ。

3学年差あって娘役のほうが上級生だけど、同級生っぽい雰囲気があるのがすごい。
これはあみが大人っぽくなったというより、みちるの娘役力(男役をサポートする能力)によるものか。
同級生でも小さいうちは女の子のほうがおとなだよね!みたいな感じがしました。

可愛らしくてフレッシュな並びでした。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。