『激情』感想・6

・ジプシーと市民たちの争いで「それでも生きているって言えるのか」などと言い合うところ。
ジプシーたちの演技が熱すぎるせいか、最後の歌詞のようなセリフのようなところが聞き取れない。
一斉に、でもまとまらずにセリフが飛んでくるから。

初日近くの梅田より、中日あたりの富山・金沢はより顕著だった。
もうちょっと聞き取れるレベルでまとまってほしいなと思った。

・叶羽さんの花売り娘。
「いただき」のセリフが梅田では可愛らしい感じでしたが、富山・金沢ではジプシーらしい毒のある言い方になってた。

・全ツで退団の舞雛ちゃん。
全ツでも最下なのでろくに見せ場はない……。
新研4の娘役の扱いなんてこんなものだよな、と思いつつやっぱり寂しい。

芝居では最初、町の女として踊ってる。
緑っぽい服で前のところを結んでる子だったと思うんだけど合ってるかな。

それ以外はほぼ「情念の精」。
暗いので見分けつけにくい!
一番わかりやすいのは、ホセとカルメンが出会う場面ですね。
この場面は情念の精が舞雛ちゃんと叶羽さんしかいないから。

彼女はとても表情豊か。
表情にも踊りにも雰囲気がある。
また、ぞくっとするようないい表情をするんですよ。

そしてとてもきれいなダンス。
ジャンプもいいし、ターンもブレないし、ほんとに素敵なダンサーさんでした。

辞めるのやめてくれぇぇぇ。

・男役のダンサーは「運命の精」。
この中のあちくんの動きがキレすぎててどういうことかと思った。
ほんとに目を引くなぁ。

image

・金沢公演で掲げられていた「休演者のご案内」。

今は復帰されたようでよかった。

・エスカミリオにあり、彼と一緒に登場するピカドールにあちくんとかおとくん。

全体に「月組うまいなー」と思った公演でしたが、彼ら3人だけの芝居のところは新公っぽいな……と思ってしまった。
実際新公学年だから仕方ないんだけど。

・エスカミリオとカード対決をする場面のちゃぴカルメンの表情が好きです。
余裕のある表情で見定めている。

「あの男、見抜いていたんだわ」というセリフにエスカミリオに惹かれていくのがわかる。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。