『anan』№1985

『anan』に宝塚の記事が出ていると聞いて書店で手にしたのですが、

 ちぎ! フィギュア! なにこの二次元!

 だいもん! ぐは! エロい!! 

 まぁくん、なにこのスタイル! やべぇ!

 真風かっけぇ! 抱いてくれ!

とヤバいテンションになったので早々に閉じてお買い上げしました。
アホ面を公衆の面前でさらすわけにはいかん。

トップのちぎたさんとまぁくんが各4ページ、2番手のだいもんと真風が各2ページ。
ものすごい破壊力のあるビジュアルでした。

暴力的なまでの美ですよ。

大満足。

ちぎたさんのインタビューから。


私、余裕はいらないと思っているんです。以前は余裕のある男役って素敵だなと思っていた時期もあるのですが、それは私の芸風ではない。守りに入ったら終わり。ギリギリまでやりますよ(笑)

しゅーぞーだな……。

大晦日、おせちを作ったあとにヅカファンなほうの姉と2人で喫茶店に行きいろいろとヅカトークをしたのですが、「ちぎたさんは運動部の部長っぽい。賢いのに、それを覆い隠すほどに運動部部長! それがいい!!」的なことを熱弁されました。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ほったいず