タイミング

蘭乃ちゃんの退団が発表されました。

2014/03/19

花組トップ娘役・蘭乃はな 退団会見のお知らせ
花組トップ娘役・蘭乃はなが、2014年11月16日の東京宝塚劇場公演『エリザベート』の千秋楽をもって退団することとなり、2014年3月20日(木)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。

娘役トップの単独退団発表にしてはけっこう早いような。
それともみんなこんなもんだったっけ……?

それにしても、こんなタイミング(蘭寿さんの退団公演の合間)で発表しなくても、という気持ちになりましたよ。
東京公演の後でも、プレお披露目の前でも途中でも後でもよかろうに。

そしてみりおとは大劇場では1作だけ組むことになります。

アントワネットやれてよかったねぇ。
シシィやりたかったんだねぇ。
単独のサヨナラショーもできるしね。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

タイミング” に対して3件のコメントがあります。

  1. untitled より:

    ほんとうに。
    ここぞとばかりに嬉しそうに蘭ちゃんをバッシングしている人たちが幸せそうでなによりです。
    ただ、蘭寿さんが蘭ちゃんと本当のパートナーシップを築いて、幸せに退団していくことだけは、みなさんさぞかし残念なのでしょうね。
    蘭々コンビの絆が偽ものだったと思い込みたい人たちがたくさんいるようですから。
    蘭ちゃんがアントワネットとシシィをやりたがったおかげで、みりおちゃんはベルばらとエリザでなんのつまづきもなく(相手役不在でもなく!)つつがない門出ができるのですね。
    組ファン意識の強い花組で、ほぼ落下傘のみりおちゃんにせめて既存の娘役をつけてあげよう、という劇団の配慮がとても上手くいった結果だと思います。素晴らしいですね。
    ・・・ところで一点だけ疑問なのですが、1人の娘役が自分の強い意思をもって憧れの役を掴み取り、宝塚人生の幕をひくことが、なぜいけないのでしょうか?

  2. 会見をみましたが… より:

    言い訳でもしたいように見えてがっかりしました。
    ファンフィルターがかかっていれば声が裏返っても立派に見えるのでしょうが、大抵の観客にとっては厳しいエリザになるでしょう。
    せめてもう少しでも実力が備わっていれば、憧れの役を掴みとったんだね、おめでとうと思えるかもしれませんが…。
    みりおに対して一言も触れないことも信じられないです。

  3. ゆきたろ より:

    >untitled さま
    つつがない門出? よくわかりません。
    相手役さえいれば「つつがない」のでしょうか。
    私は当事者ではないので、蘭蘭の間に「本当のパートナーシップ」「コンビの絆」があるかどうかはわかりません。
    ただ、宝塚はトップコンビの仲をオン・オフともに売り物にしている部分がありますから、それを覆すようなことがあれば叩かれやすくなる部分はあるでしょうね。
    もっとも彼女の場合、蘭寿さんと同時退団しなかったことで騒がれているわけではないと思いますが。
    ――疑問についてのお答えとしましては、
    こちらはただの観客です。
    シシィが彼女にとって憧れの役かどうかは、極端にいえば関係のないことです。
    舞台を、役を、ちゃんと果たせるかのほうが重要です。
    これまでの舞台でそれに疑問符がついているだけのことでしょう。
    娘1就任早々の娘役なら「これからに期待」もあり得たでしょうが……。
    >会見をみましたが…  さま
    「ほんとそれ」という感じです。
    私も、これまでの舞台評価によっては「おめでとう、よかったね」という気持ちになったと思います。
    各社の記事を読むかぎり、みりおのこともほんとに一言も出ませんでしたね……。
    「蘭寿さんとの同時退団を希望していた」云々があったので、両方を立てるのは難しかったでしょうが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。