『REON!!Ⅱ』感想・5

●べにーさんの歌と男役で次の場面が始まります。
麻央くんのダルマがすごいハイレグで、思わずガン見します。
極楽鳥みたいな、片側だけ上に伸びている羽根を背負ってます。どこかで見たことあるんだけど、なんの公演だったかなー。

男役の女装メンバーはしーらん・れんた・ぺっちゃん・シュウ=汐月・まいける。
みんなきれい。
しーらんの女装はプロとしか…。

シュウ=汐月の女装が好きだ。
顔はたいがい男顔だと思うんだが、目線の鋭さがかっこよくて色っぽい。
ヴォーグモデル的な迫力でいい女。

夏樹くんの歌はやっぱりいいな。
夏樹君は女装してません。

そして客席スタンディングで振り付け指導です。
舞台のジェンヌさんはみんなペンライトを持っています。
客席もだいたいそうですね。
(私みたいに手ぶらの人もいますが)

9月27日はどいちゃんが指導。
「右、左…」みたいな普通の指導ですね。

9月30日月曜はまいけるが指導。もちろん女装のままです。
うろ覚えですが、「私、あなた、それからみんな We love REON!!」みたいな歌(?)つきでした。

●「パパラギ」の「心はいつも」で礼くんが女装してちえと組む。
これがめちゃくちゃかわいい。
ダンスも文句なしだし、ふわっとした軽やかさと透明感がある。

若いせいか持ち味か顔のせいかはともかく、礼くんの女装は違和感がない。
ギラギラしながら男役で踊っているのもいいけれど、娘役がすんなりハマるのは……どうしようもない。
芝居では「少年」になってしまうのも、また。
歌ったり踊ったりしているときは、それなりに年齢が高く見えるんだけど芝居ではまだ少年以上には見えないんだよね。

おとめの公称身長も縮んだことだし転向したりしないんだろうか。
台湾公演での芝居は観てませんが、芝居はともかく、ショーの相手役になってくれないだろうか……と考えてしまった。
(ねねちゃんに辞めてほしいわけではない。念のため)
でも男役でショーをやってる姿もいいんだよなー。悩むよなー。

なお、はじめは「心はいつも」を礼くんが歌い、ちえと踊っているときのカゲソロはコロちゃん。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。