東京『Fantastic Energy!』感想

こちらも9月28日(土)に観た東京公演『Fantastic Energy!』の感想。

●東京ではみくちゃんがショーに復帰していたんですね。
ムラと同じつもりで観ていたら元気に歌い踊っていたので、嬉しかったです。

「Energy!」の場面の、ムラではゆずはが歌っていたところをみくがつとめていました。
退団者とは言え、あの学年でスターさん扱いもされてこなかったゆずはにしてはずいぶんいい餞別だなと感じていたのですが、代役だったというのなら納得です。

ゆずはバージョンもよかったけれどみくもやっぱりいいなぁ。
ゆずははスピード感とキレがあり、みくは力強さとパンチがあるように感じました。

●あと、ショーの階段降りもみくが入っていたような。
大劇場ではみゆが降りていたところに入ったのかな(うろ覚えですが)。

なお、Wトリオメンバーは東京公演のプログラムでは訂正されてました。

●1階のセンター中央あたりに座っていたのですが、なんか音量がでかかった。
ムラではこんなにうるさくなかったような。

●ショーの掛け声もすごくなってましたね。
エネルギッシュ。

●ふと好みな動きをしている人を見るとゆうきであることが多々。

●マギーさんの銀橋ソロ部分、間奏で腕をのばしながらくねらせている姿に「鳥肌か」と言いたくなってしまう。

●みやるりの隙あらば客席を釣ろうとしている感じが楽しいな。

なお、同行した友人は宝塚にまったく詳しくない人ですが、みやるりを「セクシーな人」と評していました。
同じ振りを踊っていても、隣の人よりセクシーだ、と。

「隣の人」が誰を指しているかは不明ですが、星組育ちのアピール力がセクシーさとして彼女の目に映ったのかな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

5日で4回

次の記事

『REON!!Ⅱ』感想・5