トークショー『努力しないで結婚したい女たち』

『ハウ・トゥー・サクシード』7月12日公演のあと、アフタートークショー『努力しないで結婚したい女たち』が開催されました。
その覚え書き。

出演者は音月・舞咲・晴華・舞羽・愛加、司会が緒月(敬称略)。
みんなキャスター付のふつうの椅子に座ってます。芝居で使われているやつ。

まず緒月がおかしい。
質問だかトークショーの流れだかが書かれているボード(2つ折りの、レストランのメニューみたいなの)を手にしているんだが、それを食い入るようにみて話す。
その姿だけでおかしい。

「○○はどうですか? じゃ下級生から」とかいちおう司会進行するんだけど、客席のほうも出演者のほうもほとんど見ずにひたすらボードをガン見してるときが多々。
ちょwwwww
ボードってそんなに読みこまなきゃいけない種類のものなのかwww

本人がどういうつもりかはわからないんですが、ものすごーく投げっぱなし感があって、それがなんともいえずおかしいんです。
たぶん一番おかしかったのは緒月だなー。
「努力しないで結婚したい女たち」というテーマとは無関係だったけど。

さてトークの内容。
覚えてるのは極少だし間違ってる部分もあるかと思いますが…。

●役作りについて

・緒月の役(=トィンブル)は日本大好きな人、という設定。
だからあんなに深い礼をしているのだそうな。

●今はまっているもの

・みみちゃんがはまっているのはタピオカ。

ここでみみちゃんが着ている服がご存じの赤地に白の水玉なので「これタピオカ?」「よかったね」などといじられておりました。
そして「餅じゃないの?」「タピオカって原料なに?」と誰かが言いだし(緒月かキムラさんだったと思う)、「原料なんですか」「知ってる人?」みたいに客席に聞きはじめました…。キャスターごろごろさせて椅子ごと前に移動しながら。
やたらにはりきって聞きだすあたりがとってもキムラさん。

タピオカは澱粉でできてるそうです。

・かおりちゃんは節電的なことにはまってるそうな。
エアコンよりは扇風機のほうがいいのよ! レベルだそうですが。
で、「あ、ヘディ的にこの答えがダメだったらやめます。節電なんて関係ないわ!」みたいなことを言ってました。
かおりちゃん明るかったなー。

・あゆっちは役の関係ですごくメガネを探したらしい。
メガネは中学のときから使ってるものを今も使っているので「物もちがいいー」と言われておりました。

・ヒメはすごく太った役(=ミス・ジョーンズ)をしてるので、とっても暑い。
なので「シャツクール最高です!」だそうな。
親指立てて言ってました。

衣装がすごいことになってるので、ボーリングの振りをするところで稽古中はよく転んでいたそうな。ああ大変。

・キムラさんは冷たいお菓子を食べることが増えたそうな。アイスクリームとか水ようかんとか。
でも「31アイスクリームといえばチョコミント! ってイメージがあるけど私は苦手」だそうで。
曰く、シュークリームのようにふんわりしたクリームとぱりぱりした皮の食感のちがいは大好きなんだけど、ミントチョコのように味がちがうものを一緒に食べるのは「口が忙しい」。

まっつにアイスじゃないチョコミントをもらって食べてみたけどそっちもダメだったそうな。
同期だけど食べ物の趣味は合わないねぇ。
(ていうか「ハマってるもの」を語ってないよ)

●好きな男性のタイプについて(理想の結婚相手、だったかもしれん)

問題はだなー、緒月が「じゃあはいあゆっち!」みたいに役者個人の好みを訊いてるのか、演じている人物の好みを訊いてるのかわかんない言い方をしてたってことだ(笑)。
出演者も客席も困惑したぞ。

・スミティはたぶんまだ本当の恋をしたことがないので王子様を探している。
でもバドとは争いつつも…、という感じであるらしい。発展途上?

・ローズマリーはフィンチひとすじなので、と。ああなんて優等生な回答。

・ヘディ・ラルーは自分を引き上げてくれる人、って言ってたかな。
「無意識なんですけどー、どんどん相手の格が上がっていくんですよ、無意識ですけどー。」などと言うんだけど、ヒメに「それもう無意識じゃない」とツッこまれてました。

・ヒメのミス・ジョーンズは笑いのツボが合う人、とかだったかなぁ。

・えーと緒月さん、この質問をキムラさんに振るのはやめてください(笑)。
男役メイクをした状態でのキムラさん個人の男性の好みを聞くのはとってもアレだし、フィンチ自身の男性の好みだったらもっとアレです。

でもキムラさんも緒月にやり返してたかな(笑)。ごにょごにょいって話は流れました。

●言い残したことはないですかー、と緒月が言ったので、かおりちゃんから。

・プロローグの緒月とかおりちゃんの役は夫婦ではないそうな。でもよく「夫婦?」と訊かれるらしい。

それに対しキムラさんが「私いつも上から見てる。ドラゴンに乗って」――客席爆笑。
「ドラゴンじゃないやゴンドラ」と言って龍っぽく両手をにょろにょろさせてました。

●そして締めのあいさつがあるんですが、これまたすごく適当な感じに緒月が締めるので客席爆笑。
「それじゃ時間なので終わりたいと思います。ありがとうございました」くらいのさっぱり加減。しかも言い方に抑揚がないし。
キムラさんにツッこまれてごあいさつをやり直しておりました。

上級生の男役がいるためか娘役陣は遠慮がちな感じでしたが、男役2人はゆるーい感じでした。
なんか面白かったですよ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。